女性にできる副業とは?在宅ワークで収入を得ましょう!

在宅ワーク

みなさまは、在宅ワークを利用されているでしょうか。

在宅ワークはテレワークの1種として定義づけられており、昨今の新型コロナウイルス感染拡大防止の観点や働き方改革などの影響に伴い、非常に注目が集まっています。

ここでは、女性にできる在宅ワークのおすすめについてご説明したいと思います。

 

在宅ワークについて

在宅ワークとは、ICT(情報通信技術)を活用した時間と場所を有効に活用できる柔軟な働き方です。

働く方の性別や年齢、居住する場所などにかかわらず様々な方の多様な生活スタイルに応じた働き方を可能とするため、
介護や育児で自宅から勤務先へと赴くことが困難な状況にある方にとっては、非常に働きやすい手法であると言えるでしょう。

(参考文献:https://www.mhlw.go.jp/content/11911500/000662173.pdf(厚生労働省公表資料))

 

在宅ワークの普及率

テレワーカー人口は、平成28年度は7.7%に対して令和元年度は9.8%と約1.27倍の増加率を示しています。

また、導入企業の割合は平成24年度が11.5%に対して令和元年度が20.2%と約1.75倍の増加率を示しています。

企業規模については、資本金1,000万円未満の会社では6.2%、50億円以上の会社では64.3%と大企業の方が導入率が高いことが確認されています。

このように、テレワークの普及は定数的にも示されていると言えるでしょう。

(参考文献:https://www.mhlw.go.jp/content/11911500/000662173.pdf(厚生労働省公表資料))

 

おすすめ在宅ワークについて

在宅ワークの普及増加については上述したとおりであり、企業も在宅ワークを推奨しているところです。

そのため、在宅ワークで副業をしやすい環境が構築されている状況となっていますので、女性が在宅ワークで副業をしやすいと言い換えることができます。

また、在宅ワークでは自宅から外出しなくてもできる仕事が多いため、新型コロナウイルスに感染するリスクも少なくすることができます。

ここからは、そんな魅力的な在宅ワークにおいておすすめの仕事をご紹介したいと思います。

フリーライター

フリーライターは、会社に属することなくフリーランスとして活躍してライティングなどの仕事を主とします。

フリーライターにおける仕事では、執筆する媒体及び内容によって多種多様となっており、本や雑誌だけに留まらずインターネットの爆発的普及に伴ってwebメディア及び電子書籍などにおいても執筆依頼が増えている傾向にあります。

フリーライターは、未経験でも始めやすいのが特徴的です。

クラウドワークスやランサーズといった、フリーランスをサポートする形で構築されているクラウドソーシングサイトはプラットホームとしての意義を果たしており、募集している仕事の数も多数あるため、個人で仕事を受注するよりも比較的簡単に仕事の依頼を受けることができます。

フリーライターを目指すのであれば、クラウドソーシングを利用して仕事の依頼を受けて、実績を積むようにしましょう。

なお、フリーライターとして仕事を行うためにはパソコンとインターネット環境は必須であるとご認識ください。

スマホでも作業はできなくもないですが、基本的には数百文字から数千文字単位で記事執筆を求められますので、作業効率を考慮するとパソコンがあった方が良いでしょう。

受注形態は、記事単価のパターンと文字単価のパターンなどがあります。

具体的な事例は次のとおりです。

記事単価

1記事2500文字以上の記事執筆依頼を5000円にて受注。文字数が2500文字を超えていることが条件であり、報酬は5000円となります。

文字単価

1記事2500文字以上の記事執筆依頼を文字単価2円で受注。執筆した結果、文字数が3500文字となったので、報酬は「3500文字×2円」で7000円となります。

ブログなど

自らのブログを運営して、ブログに記事を記載することによって収入を得ることができます。

なお、主たる収入源は広告収入となっています。こちらも、在宅ワークとしてはおすすめであり、自分の生活スタイルに合わせて仕事ができます。

また、広告収入だけでなく自分のブログ記事に商品リンクを掲載することによって、ブログ経由で商品購入に繋がった場合において報酬が発生するアフィリエイトを活用することもできます。

こちらの在宅ワークのおすすめは、始めるにあたってのイニシャルコストがほとんど発生しないことです。

また、趣味と実益を兼ねることができますので誰でも気軽に始められるのも嬉しいポイントです。

一方、PV数などが伴わないと広告収入や商品購入時の報酬に繋がらないため、利益を生み出すまでに時間がかかることが想定されますので、急いで収入を得たいと言う人にはおすすめできません。

 

まとめ

ここまで、女性にできる在宅ワークのおすすめについてご説明させて頂きました。

在宅ワークは自宅にいながらにして仕事ができるうえ、自分のライフスタイルに合わせた働き方ができます。

例えば、午前中は趣味の時間を優先して昼から仕事をすることや、小さいお子さんがいる家庭では子どもの面倒を見ながら仕事をしたりなど、様々なケースに対応できるのが在宅ワークなのです。

今後、在宅ワークで仕事をされることを検討されておられる方にとって、少しでも本記事がお役に立てたのであれば幸いです。