ハンドメイド稼げるジャンル8つ【簡単に儲かる商品ランキング公開】

ハンドメイド販売
ハンドメイド

ハンドメイドはジャンル選びで稼げるかどうかは決まります!

  • 頑張って作ったのにちっとも売れない
  • 上手なハンドメイド作家さんがいて勝てない
  • 儲けたいのに材料費ばかりかかる

こんな理由で稼げない人、やめてしまう人は多いです。

この記事を読むと、ハンドメイドで稼ぎやすいジャンルや初心者でも取り組みやすい商品のことがわかります。

実際にそれまで注目されていなかったジャンルに挑戦して人気作家になった方もいます。

ワイヤーアクセサリーで有名な、とあるハンドメイド作家さんは月間100万円の売上げを達成したことも!

記事の後半では、不器用でも稼ぎやすいジャンルや海外で人気の穴場商品についても記載しているので、ぜひ最後まで目を通してください。

ハンドメイドで儲かるものや稼げるジャンルの条件8つ

  1. 一般販売がない商品や手作りが当然のジャンルは稼げる
  2. 作成費用が安く済むジャンルや商品に絞る
  3. 作成に専用の機械や技術のいるジャンルに挑む
  4. 人気なジャンルや稼げる商品はあえて避ける
  5. 正規品よりもむしろハンドメイドの方が人気のジャンルにする
  6. 送料が安く済む小型で軽いハンドメイド作品に絞る
  7. あなたならば短時間で作れてしまうジャンルに挑む
  8. あなたが作って楽しい物・精神的負担にならないジャンル

手当たり次第に商品を作っても売れるとは限りません。売れ筋や稼げるジャンルを気にせずに作品販売を始めると挫折します。

せっかく作ったのに思うように売れず、モチベーションが下がってしまうからです。どんなハンドメイドにチャレンジするかは慎重に選びましょう。

1.一般販売がない商品や手作りが当然のジャンルは稼げる

ハンドメイドでしか手に入らない一点物は、高値を付けやすいです。たとえば次のようなジャンルです。

  • アクセサリー
  • オリジナルイラスト

それぞれ解説していきます。

アクセサリー

アクセサリーで重要なのはデザイン性です。金属・UVレジン・和紙・木など、使える素材が多いことも特徴です。

以下のアクセサリーは初心者でも取り組みやすく人気もあるので、ぜひ挑戦してみてください。

  • ピアス(ピアスフックや丸カンなど様々なパーツを自由に組み合わせる)
  • ネックレス(チェーンにワイヤーで留めた天然石を通すだけでもOK)
  • ブレスレット(ビーズやレースをあしらってオリジナリティを演出)

ただし人気のジャンルはライバルも多いもの。オリジナリティーを出せるかどうかがポイントです。

 オリジナルイラスト

オリジナルイラストのニーズは高いです。モチーフも技法も作家が自由に決められますし、ポスター・ポストカード・パネルなど、販売の形式もさまざまです。

とくに似顔絵が得意な場合は、結婚式のウェルカムボードや似顔絵付きの感謝状作成など、さまざま作品で稼げます。

2.作成費用が安く済むジャンルや商品に絞る

制作費用が高いと商品の販売価格も高くなります。すると購入者の見る目は厳しくなり、ハンドメイド初心者には不利です。

とくに次のジャンルは避けるべきです。

  • オリジナル家具
    →道具・材料費・デザインなどにお金がかかる
  • シルバーアクセサリー
    →彫金やロストワックスは少し高価で技術力も必要

また高額素材を使うと、どんなジャンルでも値段は高くなります。

たとえば同じアクセサリーでも素材が100均のビーズの場合とスワロフスキーの場合とでは、価格に大きな差が生まれるでしょう。

ハンドメイド販売で稼ぐならば、作成費用を安く抑えるのは重要なポイントです。

3.作成に専用の機械や技術のいるジャンルに挑む

難易度や専門性が上がればライバルは減ります。

  • 高額機械の導入を要したり
  • 技術の習得に多額の費用がかかったり

そんな手軽とはいえない分野を扱う初心者はまずいません。

たとえば以下のような伝統工芸は、学校や教室に通ってスキルを学ぶ必要もあります。

  • 蒔絵
  • 漆工芸
  • 七宝細工

初期費用をかけても構わない場合は、積極的に競争相手の少ないブルーオーシャンを狙いましょう。

4.人気のジャンルや稼げる商品はあえて避ける

競合がひしめき合うレッドオーシャンで勝負をすると、よほど魅力的な作品でない限り儲けを出すことはできません。

専用の販売サイトに出品してもすぐに他の作品に埋もれてしまったり、有名作家の作品の影に隠れてしまうでしょう。

人気があって比較的ライバルが多いハンドメイド作品のジャンルには以下のようなものがあります。

  • 帆布バッグ
  • スマホケース
  • レジンアクセサリー

競争相手が少ない分野を選んで勝負することは、儲けを出すためにとても重要です。

5.正規品よりもむしろハンドメイドの方が人気のジャンルにする

正規品と比較したときに、ハンドメイドの方が安い・高クオリティ・デザイン性が高い、など優れた点があれば稼げます。

次に挙げるジャンルは、それぞれが持つ魅力や特徴から、正規品よりもハンドメイド品の方が人気な場合もあります。

  • 服やバッグ
    →正規品にはない唯一無二のデザインに巡り会える
  • アクセサリー
    →クオリティの高い一点物が比較的安い価格で手に入る
  • イラスト
    →無数の作品の中から自分の好みにぴったりな絵柄を探せる

ハンドメイドでは作家自身にファンが付くこともあるので、上記以外にも多くのジャンルで正規品以上の人気を獲得できます。

6.送料が安く済む小型で軽いハンドメイド作品に絞る

家具やインテリアは比較的送料が高い傾向にあります。大きな物にはそれだけ送料がかかるものです。

逆にいえば、価格に占める送料の割合を低く抑えることで、より多くの利益を得ることも、値段を下げて差別化もできます。

マスクケースやポストカードといった薄い作品、イヤリングなどの小さなアクセサリーに挑戦してみてはいかがでしょうか。

送料が安く済む発送方法には、以下のようなものがあります。

ネコポス 送料315円(1㎏以内):23~31.2㎝×11.5~22.8㎝×3㎝(縦×横×厚さ)
クリックポスト 送料198円(1㎏以内):14~34㎝以内×9~25㎝以内×3㎝以内(縦×横×厚さ)
スマートレター 送料180円(1㎏以内):25㎝×17㎝×2㎝以内(縦×横×厚さ)

匿名配送や追跡機能の有無でも送料は変わります。サイズだけでなく、自分と顧客の都合に合わせて選ぶのがポイントです。

7.あなたならば短時間で作れてしまうジャンルに挑む

自分の得意なジャンルであれば、作成時間を短縮できますよね?

得意ジャンルであれば量産できるので稼げます。

以下はいずれも30分程度で作成できる商品の例です。

  • 手縫いのティッシュケース
  • 毛糸の指編みシュシュ
  • くるみボタンのヘアゴム

小物やアクセサリーといったジャンルの品が多い傾向にあります。1つの作品を短時間で作れると、スキマ時間も活用して作品数をどんどん増やせます。

追加発注を受けた時も迅速に対応できるので、顧客満足度アップにも繋がりますよ。

8.あなたが作って楽しい物・精神的負担にならないジャンル

作っていて楽しい商品やジャンルを選ばないと作業が苦痛になってしまい、長続きしません。

限られた時間を割いてハンドメイドに挑戦するのですから、楽しまなければ損です。

ハンドメイドが長続きしない人には以下のような傾向があります。

  • 飽きっぽい
  • 過程を楽しめない
  • 周囲と自分を比較しがち

得意なジャンルを見つけて自分のペースで楽しく続けることは、ハンドメイドで稼ぐ大切なポイントです。

ハンドメイド売れ筋ジャンルランキングTOP10!毎日売れるから稼げる

順位 商品 ライバル数 1個の作成費用 販売相場 1個の利益 作成時間
1位 レジンアクセサリー とても多い 700円 2,200円 1,350円 約30分~
2位 マスク とても多い 430円 1,300円 780円 約30分~
3位 ワンピース・チュニック 多い 3,500円 10,000円 5,850円 数時間~数十時間
4位 バッグ・カバン 多い 3,000円 9,200円 5,580円 数時間~数十時間
5位 スマホケース 普通 1,200円 3,700円 2,250円 数十分~数時間
6位 入園入学グッズ 普通 700円 2,100円 1,260円 数十分~数時間
7位 ウエディングアイテム 普通 4,700円 14,000円 8,370円 数十分~数時間
8位  革製品 普通 4,500円 13,600円 8,190円 数十分~数時間
9位 ハンドメイド家具 少なめ 10,000円 30,000円 18,000円 数時間~数十時間
10位 ぬいぐるみ 少なめ 2,000円 6,000円 3,600円 数時間

数あるハンドメイドの中でも、日常的に利用される商品はよく売れます。

一方でアート作品など、頻繁に買い換えることのないジャンルは固定客が付きづらく、安定して稼ぐのは難しいです。

ハンドメイド初心者や不器用な人でも稼げるジャンル公開!

ジュエリー

初心者や不器用な場合でも稼げるジャンルは、「簡単に作れてなおかつ見栄えの良い作品」です。

とくに次の2つはおすすめです!

  1. ワイヤーアクセサリー
  2. マクラメ編み

以下から、それぞれ詳しく解説します。

ワイヤーアクセサリー

細いワイヤーを指やペンチで曲げて自由に形をデザインするアクセサリーです。

決まったルールがなく、絵を描くように自分らしさを表現できるため、初心者でも気軽に取り組めます。

天然石を留めたものやビーズを通したもの、ワイヤーで文字を書いて名前やメッセージを表した作品も大人気。

道具がペンチだけで済むという手軽さも注目を集める理由の1つです。

マクラメ編み

昭和40年代にブームになったマクラメ編み。ハンドメイドの人気増加と共に再び人気を呼んでいます。

編み物の一種であるマクラメ編みの特徴は、編み棒などの道具を使わずに手で結んだり編んだりすることです。

初心者向きの簡単なものから経験者向きの難しいものまで、いろいろな編み方があるので、あなたのレベルに合わせて楽しめます。

たとえば以下のような商品を編んで作れます。

  • コースター
  • タペストリー
  • ブレスレット
  • プラントハンガー

編み方に慣れたらあとは工夫次第で稼ぎを増やせます。人気ジャンルの商品をマクラメ編みで作ってみてもいいですね。

これから流行るハンドメイド作品や稼げる手芸ジャンル

ワイヤー

2020年はレジンとドライフラワーを合わせたアクセサリーが、2021年はマスクに絡みづらいイヤーカフが人気を集めました。

ハンドメイド作品の人気商品にも流行りすたりがあるので、できれば流行に乗った方が稼ぎやすいです。

これから流行るハンドメイド作品で、初心者でもチャレンジしやすいジャンルは、

  1. ネルチップ
  2. ハンドメイド素材

以上の2つです。

ネイルチップ

ネイルチップはネイルシールとも呼ばれる付け爪の一種です。ネイルサロンに通うよりも安く楽しめるので人気です。

ネイルチップの作り方には大きく分けて、

  • マニキュアを使うもの
  • ジェルを使うもの

以上の2種類があります。

市販のネイルチップ作成キットを使えば初心者でも気軽に挑戦できるのでおすすめです。

ハンドメイド素材

ハンドメイドというと作品にばかり目が行きがちですが…

ハンドメイド用の素材そのものも立派な商品になりえます。売れている商品に必要な材料を見極め、小分けにして売るのです。

メインの収入としてはイマイチですが、ハンドメイド作成と並行して、素材でも稼ぐのは効果的です。

「人気の商品に精一杯チャレンジして、余った素材は無駄にしないよう販売する」そんな形で稼ぐのが理想的です。

海外で流行りのハンドメイド作品!先取りで稼げるジャンル多数

海外

ハンドメイドは海外でも人気です。そのため海外のハンドメイドに注目・先取りすることで、ライバルを出し抜き稼げます。

以下のジャンルは海外で人気があり、このあと日本でも流行する可能性があります。

  • タフティング
  • 毛糸ウィービング
  • ニードルパンチ

以前に日本でも流行っているのですが、再ブームの予感…

タフティング

タフティングとは専用のタフティングガンを使って、布に糸を編み込む手作り絨毯(じゅうたん)のことです。

コースターのような小さなものからバスマットまで、その気になればいろいろな作品を作れます。

人によってはタフティングガンに慣れるまで、時間を要することが難点です。

毛糸ウィービング

いろいろな毛糸を自由に編み込んで、ウィービングタペストリーを作るのが毛糸ウィービングです。

面白いのは、編むのに必要な織機(ハタ)も手作りできること。ダンボールと麻紐(あさひも)があればすぐにできてお手軽です。

毛糸には色も太さも素材もたくさんの種類があって目移りしますよね。

それらの中から好みの毛糸を選んで思いのままにデザインし、世界に1つだけのタペストリーを作ることができますよ。

ニードルパンチ

一般的な刺繍(ししゅう)よりもやや太い針に毛糸を通して、絵を描くように刺繍するのがニードルパンチです。

布に糸を「通す」というよりも「埋め込む」と表現した方がしっくりくるでしょう。

剣山状の専用の針を厚みのある布にプチプチと刺し、毛糸を埋め込んで絵を描いていきます。

ハンドメイド初心者には特におすすめしたい、とてもお手軽な手芸のジャンルの1つです。

その他ハンドメイドのジャンル一覧!稼げる変わり種も紹介

手芸

ハンドメイドのジャンルは実に多種多様です。「こんなものまで?」というものが意外と売れています。

たとえばガーランドやポップアップカードなどのペーパークラフトは年中行事などとの組み合わせで一年中注目されています。

名入れ商品も大人気。ベビースタイからシャツ、バッグまで、名前入りの特別な一品は子育て世代から多くの支持を得ています。

ハンドメイド専用販売サイトを巡回して、これはと思う商品やジャンルを自分で開拓してみるのもいいですね。

まとめ:もっともハンドメイドで稼げるジャンルはアクセサリー

  • 種類が豊富なアクセサリーは年間を通して人気
  • 安価な素材で制作費を抑えてつつオリジナルデザインで勝負
  • 送料が安く済む小さなアクセサリーを作って少しでも利益を出す

あなたが楽しみながら作成できるアクセサリーを見つけ、ぜひ作品を作ってください。

次に人気商品の特徴や売り方のコツを分析して、今までの作品にない新しいアクセサリーを生み出しましょう。

持ち前のクリエイティビティを伸び伸びと発揮して、今よりももっと楽しく稼げるようになってください。