【変わり種副業】聞き上手さん必見!「悩み相談・愚痴聞き」とは?

悩み相談・愚痴聞き

何か嫌なことがあったとき、誰かに話しただけでスーッと気持ちが落ち着いた経験は誰にでもあるのではないでしょうか。
身近な友人に気軽に相談できたら何も問題はないのですが、人間関係が希薄になりがちな現代、気を使ってなかなか相談ができない、という悩みを持つ人がいます。

そして「お金を払ってでも誰かに話を聞いてほしい!」そういう需要が世の中にはあるんです。

「人の愚痴を聞くだけでお金がもらえるの?」
そう思ってしまいますよね?

結論として、「悩み相談・愚痴聞き」は、一気に大きな金額を稼ぐのは難しいですが、在宅で手軽にできる副業としては割の良い方です!
しかも若い女性だけでなく、50代、60代の女性はもちろん男性の需要もあります!興味が湧いてきましたか?

今回の記事では、「悩み相談・愚痴聞き」という変わった副業に着目し、仕事の内容、向き不向き、報酬や探し方など詳しくご紹介します!

悩み相談ってどういうことをするの?

「悩み相談・愚痴聞き」という名のとおり、人の悩みや愚痴を聞いてあげることがその仕事内容です。

呼び方は募集サイトによってさまざまで、「愚痴聞きバイト」、「愚痴聞き屋」、「悩み相談メンバー」、「話し相手」、「リスニングスタッフ」、「傾聴スタッフ」、「愚痴聞き代行」などの別名も。

10年ほど前(2010年頃)から悩み相談関連のサービスが増加し、現在でも需要のある副業分野の一つです。

悩みを相談できる場といえば、行政サービスの「電話悩み相談」ですね。
ただ、行政のサービスですと気持ちの部分で少しハードルが高くないでしょうか?

そんなときに気軽に短時間だけ話を聞いてもらえる、民間の「悩み相談」や「愚痴聞き」サービスのニーズが高まっています。

悩み相談スタッフに求められることは?

なによりも大事なことは、聞き役に徹すること。顧客の話を引き出して、傾聴つまり親身に話を聞いてあげること。

熱心に顧客の話に寄り添う姿勢が大切です。どんな話であっても、まずはそのまま受け止めて優しく反応します。

顧客のお話に割り込み、でしゃばるのは禁物です。もしアドバイスを求められたら、「私個人の意見ですが」と一言ことわってから控えめにお伝えします。

基本は、相談者を温かく迎え、好きなだけ話をしてもらい、元気づけることが目的のサービスと考えてください。

どういう話を聞くことが多い?

会話内容は、他愛もない雑談から愚痴、悩みまでさまざま。ただ、悩み相談というだけあって、愚痴や悩みが話題の中心となります。

たとえば、パワハラ上司からのストレスだったり、マウントしてくる同僚についての愚痴、夫婦間の問題、嫁姑問題、ママ友問題、ペットロスなどです。

さらには極端にネガティブな話、たとえば家族の死や自己破産など、刺激的な話題が出る可能性もあります。

在宅で、手軽なお小遣い稼ぎになる!

対面での悩み相談バイトの募集もありますが、多くは在宅スタッフの募集です。

スマホ(スマートフォン)を利用して行うことが一般的です。
時給制や10分何円という設定のところが多く、家で誰かのお話をスマホで聞いてあげるだけで、お小遣い稼ぎができるのは便利ですよね!

悩み相談に向いているのはこんな人!

人の話を親身になって聴くことが悩み相談の仕事内容ですが、自分にできるかな?向いているのかな?と疑問に思っている人もいるかと思います。

悩み相談とは、とくにどんな人に向いている副業なのでしょうか。ここでは、向いている人の3つの特徴をご紹介します。

人の話を聞くのが好き!

友達と集まると、決まって話の聞き役になることが多い人、友達が自然に悩み相談してくるという人は向いていると思います。

聞き上手な人でも、「愚痴は聞きたくない!」という人は結構多いもの。
軽い愚痴を超えた深刻な話を聞くこともあるので、ヘビーな話題でも辛抱強く話を聞ける人におすすめです。

人の役に立ちたい!

人の悩みや愚痴を聞いてあげることで、人をハッピーにし、元気づけることができます。

ですので人助けをしたいと日頃から考えている人、人に喜んでもらうことが自分の幸せと思える人にとって、この副業は天職といえるでしょう。

副業をしていて、人の役に立っている実感が得られることで、やりがいや達成感が生まれ、不思議とポジティブな気持ちになっていくというメリットがあります。

スキマ時間のある主婦や女性

時間的に融通が利く在宅ワークになるため、スキマ時間のある主婦や、週末に時間の取れる人のお小遣い稼ぎに最適な副業です。

男性の悩み相談スタッフの募集もありますが、一般的には女性の方が多く活躍しています。

その理由はいろいろありますが、世の中の需要の問題や、「癒し=女性」というイメージがついていること、そしてコミュニケーション能力が高い人が女性に多いことなどが考えられます。

向いていない可能性がある人はこんな人!

悩み相談はスキルいらずの副業ですが、誰でも楽しく稼げるわけではありません。向き不向きがあります。

ではどんな人が向いていないのでしょうか?
スタートする前に、一度自分の性格を振り返り、向いていない人の特徴と照らし合わせてみましょう。

喜怒哀楽が激しく、感情的に反応してしまう人

聞き上手な人には、穏やかな性格の人が多いと思います。
つまり、喜怒哀楽が激しい人、感情をすぐ表に出してしまう人、声を荒らげてしまう人には向いていません。

悩み相談をしたい人は、精神的に弱っていたり癒しを求めていたりする人がほとんどです。

顧客の気持ちになれば、柔らかな声で優しい反応をしてくれる人を求めていることがわかりますね。

ネガティブな話に感情移入して引きずってしまう人

相談内容はハッピーな内容ばかりではありません。むしろ自分の心に溜まったストレスを解消しにきているので、ネガティブな話を聞くことが圧倒的に多いでしょう。

顧客の負の影響を直に受けてしまいますので、他人の考えや感情などに影響を受けやすい人は避けた方が無難です。

たとえば、人と話をするだけでどっと疲れてしまう強度のHSPさん(ハイリー・センシティブ・パーソン)は、要注意。
メンタルが不安定な人も同様です。

人の話を聞く副業をする際には、「人は人、自分は自分」という境界線をしっかり構築することがとても大切です。

気になる注意点とは?

手軽にスタートできそうな悩み相談副業ですが、始めるために必要なものは?注意点はなに?と気になりますよね!

情報が少ない副業だからこそ、色んな情報を知っておきましょう。

スマホがあれば充分!

悩み相談は、スマホを用いて、LINEやSKYPE等の無料アプリで会話をするというやり方が一般的です。

なので、スマホ一台あればスタートできる身軽さが魅力です!
その他必要な備品はありませんので、経費をかけることなく挑戦できます。

あとは、一人になれる静かな部屋があれば集中して、話を聞くことができるでしょう。

アダルトなお仕事とは違うの?

基本的にアダルトな話はNGですが、調べてみると、男性は女性に、女性は男性に話を聞いてもらいたい、という傾向があるようです。

後ほど詳しく説明する「ココナラ」というマーケットプレイスでも、出品している人と利用後の感想を書いている人を見ていくと、やはり異性への相談をしている人が多い印象でした。

個人間での会話になるので、悩み相談中にアダルトな発言が出てきてしまう可能性は否定できません。

悩み相談サービスを提供する会社によっては、「(注)当サービスは出会い系ではありません。」といった注意書きをしてくれていたり、サービス開始前に顧客に説明をしてくれたりするところもあります。

自分で出品する場合は、「下ネタはNG!」などとルールを書くなど対策を考えましょう。

顔出しは必要?

基本的に声だけで良いので、顔出しをしない人が大多数。

ですがほんわか倶楽部のように、スタッフの写真を出している会社もあります。顔を見せると利用者も安心感があるので、利用率がアップするかもしれませんね。

自分で出品する場合には、顔出しまではいかなくても、顔の一部を見せたり後ろ姿や横向きの顔の写真を載せると、ユーザーの目に留まる可能性がアップします。

悩み相談の求人を見てみよう!

意外と需要がある悩み相談。

いざやってみたい!と思っても、indeedのような一般的な求人サイトではなかなか見つかりません。

ここからは、そんなやる気のあるあなたに向けて、求人の探し方、平均的な時給、応募時の注意点などを解説していきます。
また、実際の募集内容を見ながら、50代~60代の女性にも需要がある理由もお伝えします。

どんな企業がある?

GoogleやYahoo!で「悩み相談」「愚痴聞きバイト」「傾聴スタッフ」などと検索すれば、サービスを提供する会社の人材募集が数多くヒットします。

悩み相談サービスを提供する企業サイトを一部ご紹介します。参考にしてみてください。

会社名 募集内容 募集する年齢・性別 料金(報酬ではない)
癒しの時間 在宅での傾聴スタッフ(愚痴聞き・話し相手サービス) 20代~50代女性 10分300円
ファミリーロマンス 対面代行スタッフ 20代~60代男女 基本料金1名あたり3時間まで12,000円
心とも(こことも) 在宅傾聴スタッフ 30代~60代の女性 10分300円

この表でご紹介した求人を見ていただくと、50代、60代の男女の需要もあることがわかりますね。

若い人に話を聞いてほしい人も多くいますが、50代、60代の人に悩みを相談したい!という一定のニーズもあるようです。

50代、60代に相談したい理由

  • 人生経験が豊富な人に相談したい!
  • 同年代ならではの悩みを共感してくれる人に相談したい!
  • お母さん、お父さん的な存在の人に相談したい!
  • 特定の職業(ナース、教師、大学教授など)の経験者に話を聞いてほしい!

どれくらい稼げる?

対面の悩み相談の場合、時給の相場は3,000〜5,000円となっています。
ですが、対面の場合はキャバクラのような要素を求められる部分もあり、容姿や若さが必須条件となっているところもあります。

在宅ワークですと、時給850円~1,000円が相場といったところです。在宅でも時給で稼げるというのは嬉しいことですね!

応募時の注意点

悩み相談スタッフを雇う側としては、話をただ聞くだけでなく基本的なスキルは備えていてほしいと考えるため、事前に研修や講座を提供している会社もあります。

ただし、有料のトレーニングが必要なところは避けた方が賢明です。
のちのちその研修費が回収できるほど稼げるのかをよく考えた上で検討しましょう。

自分で宣伝して顧客を獲得する時代!

悩み相談バイトについていろいろとご紹介をしてきましたが、だんだんそのような求人募集は減ってきているのが現状です。

それに代わって王道となってきているのが、個人で顧客を募集する、ココナラのようなスキル販売サイトへの出品です。
悩み相談・愚痴聞きサービスの出品は、どのように行うのでしょうか。

ココナラなどのスキルシェアサービスへ出品しよう!

ココナラに代表されるスキルシェアサービスとは、個人で得意なこと・スキルを販売できるプラットフォームです。

ココナラの他にも、悩み相談を出品できるサイトがあり、それぞれ特徴があります。

サイト名 手数料 特徴
ココナラ 5.5% ・スキルシェアサービス最大手
・ユーザー数242万人(2021年8月時点)
・「悩み相談・恋愛相談・話し相手」での出品はほぼ4万件(2021年11月現在)
タイムチケット 25%(5万円以下の場合) ・個人の時間を30分単位で販売できるサービス
・会員数56万人突破!(2021年11月現在)
・「悩み・カウンセリング」でのチケット数279枚(2021年11月現在)
REQU(リキュー) 一律15% ・Amebaから生まれた、スキルを売り買いできるマーケット
・会員数5,300万人(2021年11月現在)
・相談系では占いや鑑定の出品が多いが、悩み相談で出品している人も1000件以上(2021年11月現在)

現在では、悩み相談バイトを募集している企業に応募するというよりも、スキルシェアサービスへの出品の方が主流となっています。
ぜひこの3社のサイトをチェックしてみてください!

どんな感じで宣伝するの?

スキルシェアサービス最大手のココナラは、500円からさまざまな「得意」を気軽に売ることができ、その自由度の高さで人気を呼んでいます。

ここでは、ココナラで悩み相談を出品するコツをご紹介します。

まず「サービスを探す」から「悩み相談・恋愛相談・話し相手」のカテゴリを開きます。そうすると、何万件もの出品サービス一覧が出てきます。

検索画面はこのような感じです。

「悩み相談・恋愛相談・話し相手」のカテゴリ下の「話し相手・愚痴聞き」をクリックすると、39,552件ヒットしました(2021年11月現在)。

需要が高いとはいえ、出品者が多いということは競争率の高さがうかがえます。

ココナラでは、どんな感じでサービスを出品しているのか少しのぞいてみると、

「どんなお話しでも聞きます!」
「お悩み・愚痴、真摯に聞きます」
「1分~でもOK!なんでもお聞きします」

このような感じのタイトルが多く見られました。

基本的なタイトルのほかに、個性をプラスする何かがあると強みになりますね。

ここがポイント

  • 「女子大生が話を聞きます」
  • 「博多女子が受けとめます!」
  • 「性のお悩み全部聞きます!」

このように若さを売りにしたり得意なジャンルに特化させたりして、他の出品者との差別化をはかっていきます。

ココナラでの「話し相手」の報酬の相場は?高額を稼いでいる人も!

ココナラでは、多くの出品者が、「1分あたり100円~120円」で悩み相談サービスを提供しているようです。

「1分100円」ということは時給に換算すると、「6,000円も稼げるの!?」と思いがちですが、5分や10分程度の利用が大多数です。
ただ、利用者にファンになってもらえれば、長時間の利用もしてもらえる可能性が高いです。

ココナラで調べてみると、月に50件~100件以上、悩み相談サービスを販売している出品者もいました。

そのことから、リピーターがつけば、月に10万円以上、さらには20万円~30万円も夢ではないという可能性を感じました。

ユニークな副業でスキマ時間に楽しく稼ごう!

「知らない人だからこそ気軽に何でも話せる!」という人は意外に多いもの。

「余計なアドバイスはいらないから、ただ話を聞いてほしい!」そう思っている人の痒い所に「悩み相談・愚痴聞き」が手をのばします。

煩わしい職場の人間関係に頭を悩ませたり、準備に時間がかかることなく、在宅でスマホ一つですぐにスタートでき、なおかつ人に感謝されることでお小遣いが稼げます。

今は個人で「得意」を売っていく時代です。

ご自分に合ったスキルシェアサービスで、個性ある「悩み相談サービス」を出品してみてはいかがでしょうか。