【20代女性におすすめ】スキルが身につく副業でキャリアアップ!!

まとめ

副業をはじめる人、また副業をはじめようか悩んでいる人は年々増えています。

収入を増やしたい、副業でスキルアップしたいと考える20代女性もいるのではないでしょうか?そこで今回は

  • 20代から副業をはじめるメリットは?
  • 会社に勤めながらでも副業する時間はあるの?
  • どうせなら、副業でスキルを身につけたい!

こうした疑問にお答えします。本記事では、20代女性が副業をはじめる理由やすきま時間の作り方、スキルが身につくおすすめの副業3選を解説します。

副業をはじめようか悩んでいるあなたも、どんな副業をしようか悩んでいるあなたも、この記事を読むと1歩前に進むことができますよ。

20代から副業をするべき理由

筆者は30代から副業をはじめましたが、今でも思うのが「もっと早く副業をはじめておけばよかった」ということです。

  • 本業に活かせる
  • 転職に有利
  • ライフイベントでキャリアが途切れない

順番にみていきましょう。

本業に活かせる

副業で得た知識やスキルは本業に活かせます。

ほとんどの場合すべて個人で行うので、お客様への対応、提案書の書き方、ビジネス文章、どれも仕事で欠かせないものです。

文章力やコミュニケーション能力はどんな仕事をするときでも必要です。

会社員ではなく、個人で行うことで意識もちがいますね。

転職に有利

副業で得た知識やスキルは本業に活かせると前述しましたが、転職活動にも活かせます。

例えば今働いている業界と無関係の業界に転職しようとしたとき、経験がないと応募しにくいでしょう。

やる気だけでは、会社側にもメリットがないですからね。

その点、副業としてなんらかのスキルがあれば堂々と履歴書に書くことができます。

今勤めている会社の評価だけが、あなたの評価ではないのです。

ライフイベントでキャリアが途切れない

20代女性が副業をする1番のメリットはキャリアが途切れないことです。

女性のキャリアを考えるとき、どうしても結婚や妊娠出産、育児や介護などで途切れてしまいます。

結婚退職をする女性は少なくなっていても、妊娠出産ではそうはいきません。

退職まではいかなくても、産休、育休は必須ですし、復帰してから産休前と同じように働いたり残業をするのは厳しいです。

副業なら、育休中もキャリアが途切れることなく継続できます。

しかも本業にも転職にも活かせるとなれば、おすすめしない理由がありません。

 

働きながら副業はできる

働きながら副業はできます。厚生労働省の調べによると、副業をはじめる会社員は年々増加傾向にあります。

「そんなこといっても、毎日本業だけで精一杯だよ!」

心配いりません。なぜなら筆者もそう思っていました。

自分の意識を少し変えるだけで、意外と時間は捻出できますよ。

すきま時間を上手く活用

すきま時間を上手く活用することで副業にあてる時間を作ることができます。

例えば通勤時間、ただボーっとしていませんか?

電車通勤なら本を読む、座れなければイヤホンをつけてオーディオブックを聞く、スマホで調べものをする…やろうと思えばできるものです。

車通勤なら本を読んだりスマホを見たりはできませんが、オーディオブックなら聞けますね。

通勤に往復1時間かかるのなら、週に5時間、1ヵ月で約20時間使えることになります。

少し意識を変えるだけで知識を得るために行動できます、ぜひトライしてみましょう。

また通勤時間と同じぐらいおすすめなのが朝活です。

夜に時間を作るよりも、朝に時間を作るほうがいいでしょう。なぜなら1日働いて疲れた頭と体では、いいアイディアは浮かばないからです。

朝1時間、最初は30分でもかまいません。早起きをして副業の時間にあててみましょう。

睡眠時間を削りすぎるのはよくありません。ですが、早く寝ることを心がけスッキリした頭で作業できます。

生活習慣も整って、一石二鳥ですね。

スキルが身につく副業3選

スキルが身につく副業はたくさんありますが、その中でもとくにおすすめの副業を3つ紹介します。

高収入の職業に転職できたり、将来独立できる可能性が十分あるので、ぜひチェックしてください。

プログラミング

①プログラミングの概要

プログラミングとは、コンピューターに指示を出すためのプログラムを作成する仕事です。

身近なものでいえばswitchやスマホアプリのゲーム、電子レンジやテレビなどいろいろなものがプログラムで動いています。

これからもっと自動化が進み、プログラミングが必要になる場面は増えるでしょう。

今では小学校の必須科目になるほど需要が高まっています。

②収益、キャリアアップについて

技術のあるプログラマーは企業が取り合いをするほど貴重な人材なので、IT業界に転職することでキャリアアップにつながります。

年収1000万円を稼ぐことも夢ではありません。

基礎ITスキルが身につくことによって騙されにくくなったり、有益な情報にアクセスしやすくなったり、会社のちょっとした資料を作るときなどにも役に立ちます。

特別な資格を取得する必要もないので、大学や専門学校に行かずにパソコン1台ではじめられます。

すぐに稼ぐことは難しいですが、経験を積めば積むほど稼げるようになっていくスキルです。

③スタートの仕方、学習方法

プログラミングを学ぶには、無料学習サイト「Progate(プロゲート)」がおすすめです。いきなり有料スクールに入るよりも、まず無料サイトで向き不向きを判断してください。

Progateをやってみて「自分にもできそうだな」と思ったらオンラインやプログラミングスクールで本格的に学ぶといいでしょう。

④まとめ

ある程度基礎を学習できたら、クラウドソーシングサービスで仕事を受注して案件をこなしていきます。

実際に手を動かすことでどんどんスキルが上がっていく副業です。

またプログラミングにも様々な種類があり、あつかう言語がちがいます。

Webサービス、スマホなどのアプリ、電子機器や家電、企業の顧客管理システムなど種類によって作るものや働き方も変わってきます。

自分がやってみたい、将来作ってみたい!と思えるものから学んでいくといいでしょう。

動画編集

①動画編集の概要

動画編集は、YouTubeや企業で撮影された動画を編集する仕事です。

基本的な技術を習得しやすいのでプログラミングに比べ仕事を受注するまでの技術レベルは低くなっています。

②収益、キャリアアップについて

スキルを磨き実績を積むことで、月に10万円以上の企業案件を獲得することや、チームを組んで100万円以上の仕事を受注することもできます。

ネット上の動画市場はこれからもっと拡大し成長していく分野なので、独立したい、フリーランスとしてキャリアを積みたい女性にはとくにおすすめの副業です。

③スタートの仕方、学習方法

手持ちのパソコンと無料ソフトがあればはじめられますが、実際に仕事を受注するとなるとそれなりのスペックのパソコンと専用ソフトが必要になります。

動画編集には容量が必要なので、メモリは16GB以上、ストレージは500GB以上、CPUはcore i7以上が望ましいです。

また有料ソフトは「Adobe Creative Cloud」の「Premiere Pro」を主に使用します。

「Adobe Creative Cloud」とはデザインや動画編集に必要なソフトが20種類ほど入った詰め合わせパックで、その中の1つの動画編集ソフトが「Premiere Pro」です。

Premiere Pro単体でも購入でき、月々2,728円(税込み)です。7日間の無料体験もできるのでぜひ試してみてください。

動画編集を学ぶにはYouTubeがおすすめです。検索すれば動画1本作れる基本操作を学ぶ動画はたくさんあります。

④まとめ

基本操作に慣れたらクラウドソーシングサービスなどで仕事を受注し、実践で腕を磨いていきます。

もしつまづいたり、もう少しスキルを上げたいならスクールに通うのもいいですね。

まずは1本、自分で動画を編集するところからはじめましょう。

Webデザイナー

①Webデザイナーの概要

Webデザイナーは、スマホやパソコンで見ているWebサイトのデザインを整える仕事です。

コロナの影響で家で過ごすことが多くなった今、Webサイトを閲覧する機会は大幅に増えています。

自社のホームページをもっているのも当たり前の時代になってきました。これからもWebサイトの需要は途切れることはないでしょう。

②収益、キャリアアップについて

Webデザイナーの最大のメリットは、スキルを横に展開しやすいこと。

紙系のデザインやグラフィックデザイナー、技術が上がればプロジェクトを指揮するWebディレクターにキャリアアップできます。

Webディレクターにキャリアアップできると、月100万円ほど稼ぐこともできます。

③スタートの仕方、学習方法

プログラミングや動画編集と同じく手持ちのパソコンと無料ソフトではじめられますが、仕事としてやっていくにはある程度初期費用が必要です。

imacやMacBookProといったスペック高めのパソコンと、サブモニターもあれば効率よく仕事ができるでしょう。

有料ソフトは「Adobe Creative Cloud」の「Photoshop」、「Illustrator」、「DreamWeaver」といったソフトが業界では多く使用されています。

こちらも7日間無料体験があるので、実際にさわって試してみましょう。

Webデザイナーになるには「デザインの知識」と「HTML」や「CSS」、「JavaScript」といったプログラミング言語の知識、さらにはパソコンだけでなくスマホやタブレットからも見やすいデザインを作る技術も必要です。

高いスキルが求められますが、将来性を考えると学ぶ価値は十分にあります。

Webデザインを学ぶならプログラミングと同じく無料学習サイト「Progate(プロゲート)」がおすすめです。

まずは「HTML」、「CSS」、「JavaScript」のプログラミング言語から理解を深め、ホームページの作り方を学び、ある程度ホームページの作り方が理解できたら書籍などでデザインの知識をつけます。

④まとめ

独学でもそれなりのスキルは身につきますが、独立を目指したい、デザイナーの道を極めたいという人は専門学校や職業訓練校、Webスクールなどに通って自分の技術を磨きましょう。

知識や技術が身についてきたら、クラウドソーシングサービスを使って簡単な仕事から受注します。

自分でサイトを作成してポートフォリオを提示すれば、「自分にはこんなことができます!」という証明にもなりますね。

徐々に大きな仕事にチャレンジしていきましょう。

 

20代女性はスキルを身につけてキャリアアップ!!

20代女性は仕事に趣味にと忙しい毎日をすごしています。漠然とした将来にふと不安を感じることもあるでしょう。

本業だけでなくスキルを活かせれば、仕事の幅も広がります。

20代女性にとって副業でスキルを磨くことにデメリットはありません。

副業で得たスキルを本業に活かせる、また転職するときも有利に進められます。

そしてライフイベントでキャリアが途切れず自分の価値を高められます。

働きながらでもすきま時間を上手く活用し、副業時間を捻出しましょう。

通勤時間や朝活など、自分の意識を少し変えるだけで意外と時間は作れるものです。

自分にあった副業で、キャリアアップを目指しましょう。