女性に人気の副業「占い師」?!副業に占い師がおススメのわけとは?

占い

副業で占い師が人気な理由

副業で占い師が人気な理由は2つあります。

まず1つ目ですが、占い師という仕事は在宅でも可能なため、「スケジュール調整がしやすい」からです。

本業や子育てがある方でも、隙間時間に仕事をすることが可能です。

2つ目の理由は、「ローリスクで始められる」ということ。占い師になるために特別な資格は必要ありません。

強いて言えば、占いの経験値や実績はあると良いですが、独学で副業占い師をしている方も多くいます。

ローリスクで始められる上、月に5万~15万稼げるケースもあるので、女性に人気の副業なのです。

 

占い師に向いている人の特徴とスキル

占い師って、特別な力が必要なのでは?!と思いますよね。実はそんなことはないのです。
この章では、占い師に向いている人の特徴と必要なスキルをご紹介します。

占い師に向いている人の特徴

占い師に向いている人の特徴は下記の3つです。
1.人の相談に乗ることが多く、話を聞くのが好き

2.今まで仕事や人間関係、妊娠、育児など様々な経験をしている

3.占いが好きで日常で占いに触れている
占い師は当てないといけないと思っていませんか?

実は、占い師をする上で、占いが「当たる・当たらない」よりも大切なことがあります。

それは、お客様のお話をよく聞き、問題解決のヒントを導き出すことなのです。

その為には仕事での経験や、今まで人間関係で苦労した事、恋愛、子育ての経験など引き出しは多ければ多いほど良いのです。

すべての経験が、お客様の相談に乗る時にとても役に立ちます。

また占い師に相談に来るお客様は、悩みを聞いてほしいと思っています。

ですから、「傾聴するスキルは必須」と言えます。普段から、人に相談されることが多かったり、人の話を聞くのが好きという方は、占い師に向いていますよ。

ただ、お客様に共感しすぎてあなたまで辛くならないように気を付けましょう。

最後の特徴は、占いが好きで日常で占いに触れていることです。

やはり好きなことほど、上達も早いもの。そして、普段から占いに触れていれば、占いのスキルアップ情報やトレンドもキャッチしやすいはずです。

占い師になるために必要なスキル

占い師を名乗る以上、占いができないといけません。
様々な占い方法がありますが、占いは大きく3種類に分かれています。
<命術(めいじゅつ)>
生年月日時を用いて、個人の性格や運命、及び他人との相性を占う方法。
(西洋占星術、四柱推命、紫微斗数、インド占星術など)

<卜術(ぼくじゅつ)>
偶然にあらわれた象徴を用いて、事柄や事態の成り行きを占う方法。
(周易、断易、梅花心易、タロット、ルーンなど)

<相術(そうじゅつ)>
対象の姿・形から、その人の状態や運勢を占う方法。
(手相・人相・姓名判断・風水など)

 

上記の中で、初心者でも稼ぎやすいのは卜術に属するタロット占いです。

タロット占いとは、22枚の大アルカナと56枚の小アルカナの計78枚のカードを使って行う占いです。

占える事象は、数か月先までの運勢や、今の悩みに対するアドバイスなど多岐にわたります。

比較的短期間で、状態が移り変わる事象を占うのに向いています。

タロット占いを習得するには、独学で書籍や動画学習もできますし、スクールやオンラインサロンもたくさんあります。

占いとしても人気があり、占える事象も多岐にわたりますので、お客様の様々な相談に対応が可能です。

早い人では、2か月の学習で占い師デビューをすることも可能です。

実際に占いが出来ること意外に必要なスキルは、物事を正しく把握し、問題や解決策を言語化するスキルです。

少し難しく聞こえるかもしれませんが、具体的にいうと、占い師はお客様のお話を傾聴し、状況や問題点、お悩みを掘り下げて解決策のヒントを導き出すお仕事です。

ですから、話をよく聞き、問題点を正しく把握した上でその解決策を占いで導き出す力が必要という事です。

占い師として働くにはどうしたらいい?

占い師として働くにはどうしたら良いのでしょう?

具体的には、クラウドソーシングサービスに登録したり、電話占いの会社に登録しシフトを組むなどです。

または、YouTuberとして占い動画をアップし、広告収入を得るという方法もありますが、初心者には少しハードルが高いと感じる方も多いのではないでしょうか?

クラウドソーシングサービスやYouTubeで収益をあげるには、ご自身で宣伝活動をしたり動画編集やSNSマーケティングのスキルが必要になってきます。

電話占いや、メール占いの求人を当たってみるのがおススメ

大手の電話占いですと、「ヴェルニ」や「クォーレ」が有名です。

また、今後成長が期待される新しい電話占いでは、「シェリール」や「コメット」などが挙げられます。

登録してシフトを組む形であれば、ご自身のライフサイクルに合わせてスタートすることができます。

ちなみに、電話占いのピーク時間帯(忙しい時間帯)は、夜~深夜だそうです。

稼働時間にもよりますが、まずは月に50,000円の報酬を目指してみましょう。

電話占いの報酬ですが、分給の相場は50円前後です。

なぜこの金額かというと、電話占いの利用料金相場の20%~40%が占い師の報酬となることが多く、

利用料金相場は200円なので、分給の相場は40円~80円となるからです。

分給50円として、昼夜の合計2時間週4日働いた場合、1日120分×4日ですが、

占いが終了して電話を切った後の事務処理などを加味し、1日100分で計算すると、「1か月80,000円の報酬」となります。

上記は一例ですが、指名が増えたり、稼働時間が増えると分給を上げていくことも可能です。

リピートのお客様がつくまで、最初は稼働時間=実際に占う時間とはならず、待機するだけになってしまうこともあるかもしれません。

スキルアップを図りながらノーリスクで少しずつ実績を積んでいきましょう。

その他、パートを探す要領で求人サイトを探すと占い師の募集が出ていることもあります。

電話占いの求人を探す際に、注意すべき点

1.電話占いの運営会社の情報もチェックすること

2.給与形態について詳細を確認すること

1の運営会社についてですが、新しい電話占いであっても、運営会社が他に占い事業をしていた経歴があるなど、信用できる会社なのかをチェックしましょう。

2の給与形態については、求人票に時給換算でお給料が記載されていることもあります。

しかし電話占いでは、分給で計算されるところが多いのです。また、占い師の人気や指名率により分給も変わってきますので、よく確認しましょう。

電話占いでは、無料鑑定を行っているところもあるので、無料鑑定分のお給料がでるのかどうかも確認した方が良いです。

その他理不尽な契約内容が入っていないか、チェックしましょう。

「未経験の方へ、手厚いサポートをします」と謳っている会社もありますので、求人票だけでなく運営会社のホームページもチェックしましょう。

まとめ

今回は、副業占い師について解説しました。誰かの相談に乗り、解決策のヒントを提供するお仕事です。

収入はもちろんですが、ご自身の経験を誰かの役に立てることができるお仕事と言えます。

ローリスクで在宅でも始められる副業であるため、女性にとても人気のある占い師。占い好きな方はぜひ、「好き」を仕事にしてみてはいかがでしょうか。