ウーバーイーツ副業は確定申告でバレる?【無申告OK?】正しい対処方法まとめ

フードデリバリー

確定申告しても会社に副業はバレません!

ただしやり方を間違えるとバレますし、税務署から通知も来ます。

  • 「いくら稼いだら確定申告が必要になるの?」
  • 「確定申告をしなくても大丈夫?」
  • 「確定申告をしたら会社に通知が行くの?」

この記事ではウーバーイーツの副業が会社にバレるタイミングや、確定申告が必要な金額ラインについて解説しています。

記事の後半では、罰金になるケースや脱税行為について記載しているので、ぜひ最後まで目を通してください。

確定申告でウーバーイーツの副業は会社にバレる?バレた人はいる?

ウーバーイーツの副業は確定申告を正しく行うとバレません。

副業が会社にバレやすいタイミングは「住民税の納付書発行時」です。

まず住民税は勤め先の会社が、従業員の代わりに納入する義務(特別撤収)があります。

地方税法第321条の5の規定により、特別徴収義務者は特別徴収税額決定通知書に記載された税額を納期限内に納入する義務があります。

引用元:東京都主税局

そのため会社は従業員の給与から、住民税を毎月天引します。天引きする際に、各従業員の個人住民税額を把握しておかなければなりません。

給与水準が同じ従業員と比較して、住民税が多くなっていると会社に副業がバレます。

しかし確定申告を行う際に、ウーバーイーツで稼いだ報酬分(主給与以外の所得)の住民税を、自分で納付する「普通撤収」に変更すれば会社に副業がバレなくなります。

補足情報

会社が納付する特別撤収を普通撤収に変更することはできません。そのため確定申告では「主給与以外の所得を普通徴収で支払う」に納付方法を変更し、会社に住民税の請求がいかないようにします。

住民税の納付方法を変更すると副業はバレませんが、自治体によっては普通撤収に変更できないケースがあるため注意しましょう。

ウーバーイーツの副業で確定申告は必要?いくらから税務署にバレる?

ウーバーイーツで副業を行う場合、1年間の所得金額に応じて確定申告が必要になります。

  • 20万円以下ならば確定申告不要
  • 48万円以上は所得税の課税対象になる
  • ガゾリン代や自転車代などは経費に計上できる

納税が必要な金額まで稼いでいるのにも関わらず、無申告のまま放置をすると税務調査が入ります。

意外とバレないと思って無申告のまま放置しても、いずれ必ずバレるため、確定申告が必要になる所得額をきちんと把握しておきましょう。

注意

住民税は課税対象になる金額が、所得税と異なります。確定申告の有無に関係なく、1円でも収入が発生したら住民税の申告が必要です。

※住民税の税率に関しては各地方自治体のホームページにて確認できます。

ウーバーイーツは20万円以下なら確定申告が不要?

ウーバーイーツで得た所得が20万円以下の場合、確定申告は不要です。

確定申告が必要になるのは、年末調整されなかった分の収入と所得(会社の給与ではなくウーバーイーツの報酬)が20万円を超える場合です。

3 2か所以上から給与の支払を受けている人のうち、給与の全部が源泉徴収の対象となる場合において、年末調整されなかった給与の収入金額と給与所得および退職所得以外の所得金額との合計額が20万円を超える人

引用元:国税庁-No.1900 給与所得者で確定申告が必要な人

たとえばウーバーイーツの報酬が年間で20万円以下でも、ポイントサイトなどそのほかの所得を合わせて20万円以上の場合は確定申告が必要です。

収入と所得の合計額が20万円以下ならば確定申告が不要なため、まずは合計額を求めるところから始めましょう。

収入と所得の違い

収入:雇用主が制服や資材など、必要な経費を負担する場合に得られる給与(会社の給料)
所得:自分で経費を負担しなければならない場合、売上から経費を引いた金額

年間48万円稼ぐとウーバーイーツでも確定申告が必要?

ウーバーイーツを本業にする場合、年間で48万円以上稼ぐと確定申告が必要になり、所得税を納める義務が発生します。

48万円以上稼ぐと確定申告が必要になる理由は、基礎控除額が48万円だからです。

確定申告や年末調整において所得税額の計算をする場合に、総所得金額などから差し引くことができる控除の一つに基礎控除があります。

引用元:国税庁-No.1199 基礎控除

会社で主な収入がある場合、基礎控除は給与から差し引かれるため、20万円以上稼ぐと課税対象になります。

一方で本業として稼ぐ場合は、所得から48万円まで基礎控除で差し引かれます。

48万円以下ならば課税対象となる所得金額が0円になるため、確定申告は不要です。

確定申告不要・必要ラインの補足情報

会社勤務など本業で主たる給与がある場合は、20万円以下ならば不要。
主たる給与がなく、本業としてウーバーイーツで稼ぐ場合は、所得が48万円以下ならば不要。

【基礎控除額の確認はこちら】

ウーバーイーツの確定申告で経費は使える?

ウーバーイーツの業務形態は個人事業主としての業務委託契約になるため、仕事をするうえで必要になる道具の費用は経費に計上できます。

売上から経費を引いた金額が所得として計上されます。たとえ副業でウーバーイーツの報酬が20万円を超えても、経費を差し引いて20万円以下になれば確定申告は不要です。

経費として落とせるものの例

  • 車両購入費用や車両レンタル代(自転車・バイク・車など)
  • 車両の関連グッズ(ライト、ホルダーなど)
  • ガソリン代
  • 修理代・メンテナンス代
  • 通信費
  • 交通費
  • 駐輪場・駐車場代
  • 車両保険
  • その他配達に必要な道具(タオルや保冷剤など)

なおウーバーイーツで使っている道具をプライベートやほかの用途でも使用する場合は、全額を経費に計上することはできません。

共用する場合はウーバーイーツで使用する割合の分のみ、経費に計上しましょう。

プライベートで道具を使用する場合の経費計上方法
10万円で自転車を購入し、4割をプライベートで使用している場合は、残り6割の6万円を経費として計上する。

さまざまな道具や資材が経費として計上できるため、必ず帳簿を付けて所得を把握しておきましょう。

補足情報

経費として使った領収書は、確定申告から7年間の保管義務があります。
例:2021年の領収書を2022年の確定申告で使用した場合、2029年まで保管する必要があります。

参考元:国税庁-No.5930 帳簿書類等の保存期間

ウーバーイーツも確定申告をしないとバレた場合に罰金が発生!

ウーバーイーツで稼いだ分の報酬を無申告のまま放置すると「加算税」と「延滞税」が発生します。

加算税とは期限内に確定申告を行わなかった場合、納めるべき税金のほかに加算される税金のことです。

申告期限

1月1日~12月31日までの所得は、翌年2月16日~3月15日までに行う。
※災害や社会情勢の影響で延長や数日のずれなど、期間が変更になるケースもある。

加算税の税率は原則として、納めるべき税額に対して変動します。

  • 税額が50万円までは15%
  • 税額が50万円を超える部分は20%

なお期限を過ぎていても、税務署調査を受ける前に自主的に確定申告を行った場合は、加算税が一律で5%に軽減されます。

そして延滞税とは、期限内に納税しなかった場合に発生する税金です。

延滞税は期限の翌日から申告するまでの日数に応じて金額が変動します。

延滞期間が2ヶ月以内 「年7.3%」もしくは「延滞税特例基準割合+1%」どちらか低い方
延滞期間が2ヶ月以上 「年14.6%」もしくは「延滞税特例基準割合+7.3%」どちらか低い方

参考元:国税庁-延滞税の計算方法

ちなみに無申告は基本的に税務署にバレます。2~3年ほど連絡がないケースが多いです。しかし明らかな脱税など悪質な問題が見つかった場合は、最長で過去7年分の税務調査が行われ、一気に罰金の請求がきます。

ウーバーイーツは副業として気軽に稼げるのが魅力ですが、受け取った報酬にもきちんと税金がかかります。

隠そうとすればするほど罰金が重くなるため、確定申告は忘れないように注意しましょう。

確定申告のやり方3ステップ!ウーバーイーツなら税理士は不要!

  • ステップ1:必要な書類を用意する
  • ステップ2:申告書を作成する
  • ステップ3:申告書の提出&納税

ウーバーイーツの確定申告なら税理士は不要です。3ステップで完結します。

以下から各ステップで行う作業について解説します。

ステップ1:必要な書類を用意する

確定申告で必要な書類

  • 申告書(会社勤めで副業の場合は申告書A)
  • 収支のわかる証明書・明細書(会社からもらう源泉徴収票など)
  • 各種控除証明書
  • 経費がわかるレシートや領収書
  • 本人確認書類

用意した書類は申告書の記入と提出時に必要です。

なおウーバーイーツを副業で行う場合は「雑所得」に区分されるため、簡単な手続きで完結する「申告書A(白色申告)」で問題ありません。

申告書入手場所

税務署・国税庁公式ホームページ

ステップ2:申告書を作成する

書類を見ながら申告書を記入します。

申告書に手書きで記入する方法が一般的ですが、近年はスマートフォンや国税庁の確定申告書作成コーナー(e-Tax)から作成可能です。

e-Taxならば、画面の指示に従って入力するだけで手続きが完了します。

注意

会社に住民税の請求がいかないように、「主給与以外の所得を普通徴収で支払う」へチェックを入れることを忘れないようにしましょう!

国税庁確定申告書作成コーナー(e-Tax)はこちら

ステップ3:申告書の提出&納税

申告書の作成が終わったら必要書類を添付して、住所地にある所轄税務署に提出します。申告書の提出は持ち込みのほかに、郵送も可能です。

なおe-Taxで提出する場合は、必要書類をスキャナーで読み込み、PDFデータにして送信する必要があります。

最後に納税を行って一連の手続きは完了です。なお納税方法は以下の5通りから選べます。

振替納税 預貯金口座から自動で引き落とされる方法です。引き落としは毎年4月20日前後になります。
e-Tax インターネットから電子納税できる方法です。支払い方法はインターネットバンキング、コンビニ払い(QRコード)、クレジットカードなど。
現金納付 税務署の窓口、もしくは金融機関で現金に納付書を添えて納税する方法です。
クレジットカード インターネット上で専用の画面から納付できます。
コンビニ払い(QRコード) 確定申告書等作成コーナーなどからQRコードを作成し、コンビニで支払う方法です。

※振替納税以外の納税期限は毎年3月15日前後です。

まとめ:会社にバレるとしてもウーバーイーツの確定申告は必要!

  • 副業は確定申告をしても会社にバレない
  • 20万円以上の所得があると確定申告が必要になる
  • 無申告がバレると税務署から罰金が請求される

会社に内緒でウーバーイーツ副業を続けるならば、必ず確定申告を行い、報酬分の住民税を普通徴収に変更しましょう。

ただし所得額が20万円以下の場合は確定申告は必要ありません。48万円まで確定申告不要と勘違いされやすいですが、会社での給与所得がある場合は20万円までです。間違えないように注意しましょう。

なお「会社にバレたくないから」と無申告のまま放置すると、税務調査が入って加算税や延滞税などの罰金が発生します。

ウーバーイーツ副業なら、税理士不要でインターネット上から簡単に確定申告が行えます!

確定申告を行っても会社に通知が行くわけではありません。こっそりウーバーイーツで副業を続けるならば、必ず確定申告を行いましょう。