ストックフォト(写真販売)は初心者が稼げる?【副業月収や注意点】まとめ

ストックフォト

ストックフォトはあなたの趣味を稼ぎに代える副業です!

  • いいカメラがないとダメなんでしょ
  • 写真撮影のセンスなんてないし
  • 素人の写真なんて買う人いるの?

高価なカメラやプロのような写真でなくても大丈夫です。簡単なスマホ写真でも販売できます。

この記事ではストックフォト(写真販売)で稼ぐ方法から収益にについてまで解説しています。

記事の後半では、ストックフォトの副業に最適なおすすめサイトも紹介しているのでぜひ参考にしてください。

そもそもストックフォトとは?初心者が副業で稼げるの?

ストックフォトの副業は、売れ筋写真のリサーチさえしっかりと行えば初心者でも十分に稼げます。

撮影した写真を投稿したらあとは売れるのを待つだけ。スキマ時間にコツコツとできる副業です。

ストックフォトとはWebサイトで使う写真を販売する副業

ストックフォトは画像を販売しているサイトに自分の写真を投稿して稼ぎます。

プロでなくても投稿をできて、スマホ撮影の写真でもOK。普通の人が趣味を活かして稼ぐ人気の副業です。

収益は写真が売れたときに発生し、写真を登録している限り「販売中」という扱いになります。

写真の購入者はWebサイトやブログをつくっている企業や個人です。

ストックフォトは初心者が副業で取り組んでも稼げる!

写真撮影の技術より、テーマやユニークさ、素材としての使いやすさが大事です。

稼いでいる人はトレンドや季節性を考えて、売れやすい写真をタイムリーに出品しています。

初心者ならニッチなジャンルや、プロとは違ったテイストの写真で勝負すると稼ぎやすいです。

ストックフォトは副業だとどれくらい稼げるのか?種類別に紹介

写真のジャンル 1枚あたりの値段 狙える月収 特徴
季節・イベント 10~3,000円 20,000円
  • 季節によって売上は大きく変動
風景・建物 3~1,000円 10,000円
  • 需要は少ない
  • プロが多い
動物 3~1,000円 15,000円
  • ペット写真は人気ジャンル
  • マイナーな動物だと売りやすい
人物 10~3,000円 50,000円
  • 最も高い需要がある
  • 子供の写真は少ないので狙い目
雑貨・ファッション 3~1,000円 20,000円
  • 構図やアイテムを工夫する
食べ物 3~1,000円 30,000円
  • 需要は多い
  • 日々の食卓など生活感のあるものが人気

ストックフォトで写真を購入する人は、Webサイトやブログで使うために写真を探しています。

ジャンルを選んだり被写体を工夫したりして、Web上で使いやすい写真にしましょう。

また写真には売れ筋やよく売れるタイミングがあります。

常にリサーチし、トレンドに合わせて写真を投稿していくと売上アップにつながります。

ストックフォト副業のメリット6つ

  1. スマホでできる
  2. 趣味で利益を生む
  3. 高度なスキルは不要
  4. マイペースでできる
  5. 写真を登録後は売れるのを待つだけ
  6. 世界中の人に買ってもらえる

ストックフォトのメリットはカメラやスマホ、簡単な画像加工ソフトさえあればできることです。

一度写真をサイトに登録すると、ダウンロードされるたびに利益が発生するため、不労所得を得られます。

ストックフォト副業のデメリット5つ

  1. 写真をたくさん登録しないと売れにくい
  2. 競争が激しい
  3. ありきたりな写真では売れない
  4. 1枚あたりの値段は安い
  5. 写真の加工やサイトへの投稿は時間がかかる

とくに大変なのはタグ付けや写真の説明文をつける作業です。

手を抜くと売上に影響するので、面倒でも頑張っていれなければなりません。

またストックフォトにはプロやセミプロのカメラマンもいます。

うまく競合のいないジャンルを探して攻めないと利益を出すことは難しいです。

「ストックフォトなら副業で簡単に稼げる」というスクールや情報商材は詐欺?

「簡単に稼げる系」のスクールや情報商材は、基本的に詐欺です。

すべてがそうとは言い切れないものの、騙されるリスク大であることは間違いありません。

ストックフォトは写真の数が少なかった頃は大きく稼げる副業でした。

しかし今は新規参入も増え続けていて、プロでもニーズを満たさなければ売れない状況です。

そこで写真販売では稼げなくなったカメラマンが、「趣味の写真で簡単に稼げる」と高額なスクールやノウハウを販売。

初心者を騙して稼ぐ方向にシフトしています。

そのような情報商材やスクールは詐欺か役に立たないゴミ情報です。お金を出してはいけません。

情報商材を買わされたYさん
写真が趣味のYさんは、「撮りだめた写真がお金になる」というSNSをみてやり方を学ぼうと、あるカメラマンのノウハウを122,000円で購入。
そこに書いてある内容は、当たり前のことばかりで役に立たなかった。
返金してもらおうとしても相手と連絡がつかず泣き寝入りとなってしまった。

そもそも写真撮影の技術やノウハウを人に教えてしまったら、その人がカメラマンとして食べていけません。

テクニックや売るためのコツを普通は人に教えないものですから信じないようにしましょう。

ストックフォト副業の注意点まとめ!初心者は始める前に要チェック

  1. 写真は必ず加工しよう
  2. ニーズや攻めるジャンルはよく検討する
  3. 人や観光名所の写り込みは審査に通らないこともある
  4. 著作権や肖像権に注意
  5. キャラクターやメーカーのロゴ、企業名の写り込みはNG

全体的に売れ筋なのは明るい写真です。出稿する写真は必ずレタッチしましょう。

レタッチとは?

画像編集ソフトを使って画像の濃度やコントラストを調整する作業のこと

人物が写り込んでしまった場合は加工して削除するか、人物を特定できないようにします。

それでも審査に通らなかったら取り下げるのが一番いいでしょう。

余白をつくり、文字を入れやすくすることも売れるコツです。

ストックフォトの始め方と手順6ステップ!副業初心者向けに解説

ストックフォトで稼ぐ手順

ステップ1
サイトに登録
写真を出品するサイトにクリエイターとして登録します。
ステップ2
写真を撮る
ニーズやトレンドをリサーチして売れそうな写真を撮りましょう。
ステップ3
写真を加工する
写り込んでいる企業ロゴや人物を消したり、明るさや色調を調整します。
ステップ4
写真をサイトに登録
売りたい写真にタイトルと説明文、タグをつけてサイトにアップロードします。
ステップ5
審査を受ける
写真がサイトに審査されて、問題なければ公開されます。
ステップ6
報酬を受け取る
公開された写真が売れたら収益を受け取れます。

ストックフォトは人気の副業で、写真は何千万枚とあります。

とりあえず出品しただけでは売れないので、リサーチをしっかりと行いニーズのある写真を撮影しましょう。

撮影した写真は、次のツールを使用して仕上げていきます。

画像加工におすすめの無料ソフト
Photoscape(フォトスケープ)
  • ダウンロードして使用する画像加工ソフト
  • 初心者でも直感で画像加工できる
  • Windowsのみ対応(macの場合はPhotoscape X
PIXLR X(ピクセラエックス)
  • ダウンロード不要、ブラウザ上で写真を加工できるソフト
  • 基本的な画像編集ができる
  • 上級者向け「Pixlr E」も無料で使用できる

素材写真として販売するなら写真の加工は必ず行ってください。

無料ソフトでも機能性は十分です。はじめの内は上記のような初心者向けソフトで慣れていきましょう。

またいい写真が撮れなくて困っている場合は、基本を学ぶのも手です。

おすすめの写真スクール
カメラのキタムラ フォトカルチャークラブ
  • 撮影イベントが豊富で技術向上に役立つ
  • プロの添削や、写真仲間との交流で楽しく写真を続けられる
  • オンライン講座に無料で参加できる

写真はちょっとした撮り方の違いで、見栄えの良し悪しが大きく変化します。

興味のある人は、上記の無料オンライン講座から受けてみましょう。

ストックフォトのおすすめサイト5つ!【初心者が副業でも稼げる】

サイト名 始めやすさ 1枚の値段(相場) 特徴
写真AC(PhotoAC) 簡単 3.25~11円
  • 個人ブログの利用者が多い
  • 写真の審査は甘め
PIXTA(ピクスタ) 普通 27.5円~
  • 企業の販売ページなどの素材として使われることが多い
  • プロカメラマンも多く利用
amanaimages PLUS(アマナイメージズ プラス) 普通 44.8円~
  • プロ以外の写真を専門に扱っているサイト
  • 素材利用者に企業が多い
Adobe Stock(アドビストック) 普通 49.5~3,960円
  • Adobeのデザインソフトと連携している
  • スマホでとった動画も出品できる
iStock(アイストック) やや難しい 3.3円~
  • 世界中に販売できる
  • 審査が早く、厳しくない
  • 英語に苦手意識のある人には不向き

ストックフォトサービスは、国内向けのものから世界中に販売できる海外サイトまでたくさんあります。

初心者の内は審査に通りやすく、手軽に登録できるサイトを利用して、自分の写真を充実させましょう。

写真AC(PhotoAC)

総会員数800万人のフリー素材サイトです。

無料会員は1日9点まで、有料会員だと無制限で利用できるため、ダウンロードされやすいのが特徴です。

報酬は3.25~11円。他サイトと比べると低いものの、審査に通りやすくダウンロードされやすいのは初心者にとって大きなメリットといえます。

ただし著作権は写真ACに移るため、他サイトには登録できません。
写真AC(PhotoAC)で写真を販売してみる

PIXTA(ピクスタ)

クリエイター向け情報サイトの運営によるストックフォトサイトで、日本人にとって使いやすい素材をそろえています。

報酬はクリエイターのランク(販売実績)と購入者側のプランで計算される仕組み。

たとえば購入者が定額制プランで写真を購入した場合、あなたのランクに応じて27.5~49.5円の報酬が支払われます。

同じ写真を他サイトに掲載しない独占契約をすると、報酬額は上記よりもアップ。

PIXTA一本で販売実績を積み重ねていきたい人にオススメです。
PIXTAで写真を販売してみる

amanaimages PLUS(アマナイメージズ プラス)

高品質な写真を扱っているストック素材販売サイトです。

報酬は1回のダウンロードにつき売上金の40%と高いので、他サイトと併用して登録しておくとよいでしょう。

レベルの高い写真を提供できるようになると、報酬は最大21,120円に。

今後機材をそろえて写真の腕を上げていきたいと考えている人にとっては、夢のある金額ですね。
amanaimages PLUSで写真を販売してみる

Adobe Stock(アドビ ストック)

アドビストックアメリカのストックフォトサイトで、世界中にユーザーがいます。WebデザイナーなどのITクリエーターが購入者層の中心です。

アドビストックはデザイン性の高さや個性で勝負している写真が多い印象。

写真の腕を磨きたい人には、とてもよい刺激になるでしょう。

報酬は49.5~3,960円。金額は購入者の利用プランによって異なります。
Adobe Stockで写真を販売してみる

iStock(アイストック)

ゲッティイメージズ(Getty Images)によるストックフォトサービスで、世界中に販売できます。

クリエイターになるには登録審査を受けなくてはいけません。申請はアプリから行いましょう。

報酬は非専属の場合だと売上の15%。専属契約を結ぶとダウンロード数に応じて25~45%と一気にアップします。
iStockで写真を販売してみる

まとめ:ストックフォトは副業初心者でも稼げる!

  • 高価なカメラやスキルは不要
  • 一度サイトに写真を出品すれば不労所得になる
  • 稼ぐためにはトレンドやジャンルのリサーチを念入りにする
  • 売れるためには写真をたくさん出品する
  • 情報商材やスクールの詐欺業者に注意

ストックフォト(写真販売)は、スマホ撮影の写真でも販売できます。

まずはこの記事で紹介した『ストックフォトのおすすめサイト5つ』の中から、好きなものに登録してください。売れている写真をリサーチしつつ、どんどん登録していきましょう。

日常にあるいろいろなものを写真にして、不労所得を手に入れてください。