Amazonせどりの始め方4ステップ【簡単なやり方&ツール紹介】

せどり

得意なことがなくてもAmazonせどりならば稼げます!

  • 「Amazonって個人でも販売できるの?」
  • 「本当にせどりで儲かるの?」
  • 「せどりっていろいろ大変そう…」

せどりは仕入れにお金もかかるため、失敗することが不安ですよね…?

しかし正しい順序で行えば失敗を回避して、着実に利益を生み出せますよ!

この記事ではAmazonせどりの始め方について超詳しく解説しています。

さらに記事の後半では、丸秘ツールやAmazonで稼げる商品ジャンルについても記載しているので、ぜひ最後まで目を通してください。

Amazonせどりの始め方&やり方の手順4ステップ

  1. Amazon出品用アカウントの登録
  2. 儲かる商品のリサーチ
  3. 商品の仕入れ
  4. 出品して販売&売れたら発送

Amazonでのせどりは4ステップで始められます。

もちろん実店舗の有無や個人・法人に関係なくAmazonへの出品が可能です。

次からさらに詳しく、Amazonせどりの始め方とやり方について解説します。

Amazonへの出品には個人とFBAの2通りがあります!

Amazonへの出品は個人(自己出品)と、Amazon物流拠点へ発送するFBAの2通りあります。
自己出品とFBAの始め方は異なる部分があるため、せどりを始める際にどちらがよいかよく比較しましょう。

Amazonせどりの始め方①【出品用アカウントの登録手順】

Amazonで買い物に使用するアカウントで、そのまま商品を出品することはできません。そのためAmazonでせどりを始めるならば、まずは出品用のアカウント(セラーセントラル)を登録する必要があります。

出品用アカウントを登録するには、まずどのページでもいいので最下部にある「Amazonでビジネス」カテゴリから「Amazonで売る」を選択してください(下記の画像参照)。

引用元:Amazon

「さっそく始める」をクリックするとログイン画面が表示されるので、指示通りにアカウント情報を登録してください。

登録したメールアドレス宛てに確認コードが届くので、フォームに入力しましょう(下記の画像参照)。

引用元:Amazon出品用アカウント登録手順

アカウントの登録ができたら、事務所の所在地、業種、氏名を入力します(下記の画像参照)。

引用元:Amazon出品用アカウント登録手順

なお業種に関して、個人でせどりを行う場合は「個人・個人事業主の方」を選んでください。

業種を選択後、さらに詳細な出品者の情報を入力をします(下記の画像参照)。

引用元:Amazon出品用アカウント登録手順

国籍を選択すると「身分の証明」の項目が表示されます。用意した身分証明書の内容に従って情報を入力しましょう。

身分の証明(本人確認)に必要な書類と情報

  • 顔写真がある身分証明書(運転免許証・パスポートなど)
    ※マイナンバーカードは使用不可
  • 過去180日以内に発行された取引明細書(公共料金の請求書や預金通帳など)
  • 電話番号
  • 有効なクレジットカード情報
  • 銀行口座番号

出品者の情報を入力したらクレジットカード情報を登録します(下記の画像参照)。

引用元:Amazon出品用アカウント登録手順

クレジットカードの情報が必要な理由は、大口出品登録料を支払う必要があるからです。

以前はアカウントを登録する際に、大口出品か小口出品か選べました。しかし現在は選択ができない仕様に変更されています。

なお登録後に大口出品から小口出品へ変更できるため、都合に合わせて切り替えるとよいでしょう。

大口出品と小口出品の違いとは
大口出品
  • 税抜4,900円の月間登録料がかかる
  • 基本成約料がかからない
  • 一括出品ツールや注文管理レポートなどが利用できる
  • プロモーションオプションが利用できる
  • 出品できるカテゴリが多い
小口出品
  • 1つ商品が売れるたびに100円の基本成約料がかかる
  • 月間登録料がかからない

クレジットカード情報を入力後、ストアの情報入力を行います(下記の画像参照)。

引用元:Amazon出品用アカウント登録手順

最後に本人確認書類を送信して、出品用アカウントの登録は完了です(下記の画像参照)。

引用元:Amazon出品用アカウント登録手順

なお審査結果は3営業日ほどで登録メールアドレス宛てに届きます。審査結果に問題がなければ、すぐに商品の出品が可能です。

Amazonせどりの始め方②【儲かる商品のリサーチ】

Amazonせどりを行う中でとくに重要な工程が、どんな商品を仕入れるかリサーチする作業です。

儲かる商品を見つけるリサーチ方法と便利なおすすめツールを解説します。

リサーチのやり方は「販売相場・販売期間・ライバル数」の3つを見る

せどり初心者はまず、短期間でたくさん売れる商品を仕入れて資金作りを行う必要があります。

リサーチする際には3つの項目に注目して、商品を選びましょう。

販売相場 過去の販売相場を知って、利益が出る仕入額を把握しましょう。なお手数料などをきちんと考慮して、利益を計算してください。
販売期間 1日1つずつ売れる商品がある一方で、1ヶ月~1年で1つしか売れない商品もあります。1つ売れるだけで数万円以上など、大きな利益が出る場合でも、売れる確証が持ちにくい商品は初心者におすすめできません。まずは短期間で着実に手堅く売れる商品を仕入れましょう。
ライバル数 在庫数や出品者数を確認し、ライバルの数を把握してください。ライバルが多ければ多いほど、売れにくくなります。さらにライバルが多いと値下げによる価格競争が発生し、利益が少なくなったり赤字が出たりする可能性があります。そのためできるだけライバルが少ない商品を仕入れるようにしましょう。

なお販売相場・販売期間・ライバル数は、ツールを使って効率的に調べられます。

Amazonせどりのおすすめリサーチツール9個

ツール名 できること デメリット 価格
FBA料金シミュレーター
※Amazon公式ツール
  • FBAで出品する際の利益がわかる
  • Amazonに送った送料などを含めてシミュレーションできる
  • JANかASINの入力が必要で面倒
  • 販売手数料の表記が税抜価格で紛らわしい
無料
Amazon.co.jp売れ筋ランキング
※Amazon公式ツール
  • Amazonで販売中の商品を売れ筋で確認できる
  • 現時点での流行がわかる
  • 1時間ごとに更新されるため現時点での売れ筋しかわからない
  • 単純なランキングなので販売個数など詳細な情報がわからない
無料
Amacode(アマコード)
  • バーコードリーダーで簡単に商品検索ができる
  • カート価格やレビュー件数など詳しい商品情報がすべてわかる
  • 動作が遅い・カテゴリが違うなどの不具合がある
  • Android端末では使用できない
基本無料
Pro版:月額5,500円
keepa(キーパ)
  • ブラウザの拡張機能に追加するだけで歴代のAmazon価格推移がわかる
  • 気になる商品が指定価格になると通知が届く機能「トラッキング」がある
  • 対応ブラウザがGoogle Chrome・Firefox・Edge・Operaのみ
  • トラッキングにタイムセールや送料の情報が反映されない
基本無料
一部有料(月額19ユーロ)
ERESA(イーリサ)
  • keepa有料機能が無料で使える
  • 販売個数や販売価格の推移がひと目でわかる
  • 画像検索の精度が少し低い
  • リンク先の検索結果が正常に表示されない
基本無料
Pro版:月額2,980円/年払い29,800円
NEW TYPE DELTA TRACER
(ニュータイプデルタトレーサー)
  • 他モールリンクで楽天市場やメルカリなどの販売状況を一括検索
  • 販売期間・販売価格がひと目でわかる
  • スマホで確認するとレイアウトが崩れて見にくいことがある
  • カメラ検索の精度が低い
月額2,200円
Leafer(リーファ)
  • ライバル数や値崩れの可能性がわかる
  • 商品の価格情報だけでなく利益計算も可能
  • 無料お試しがないので使用する際は課金必須
  • ブラウザ版しかない
月額2,178円
せどろいど(Android)
せどりすと(iOS)
※姉妹アプリ
  • 国内外のバーコードを読み取り可能
  • 商品検索機能だけでなく在庫や仕入れ情報が整理できる
  • 2020年以降アップデートが行われておらず放置状態
  • 起動しない・使用できないユーザーが多発
基本無料(一部有料)
セラースケット
  • 商品リサーチ以外にアカウント停止を予防するサービスがある
  • 不正商品を検出したり会員限定の有益な記事を観覧できたりもする
  • 相場に合わせて自動で価格変更を行う機能を付けるには+500円必要になる
  • 停止アカウントの再開はサポートのみであり丸投げはできない
スタンダード:月額2,480円
プレミアム:月額4,980円

Amazon公式以外のツールは、商品の価格変動履歴など基本的な機能はほぼ同じです。

ただし使い勝手や独自機能、どこまでのリサーチや情報の管理が可能かはツールによって異なります。有料ツールでも無料お試しを提供しているケースが多いので、まずはあなたに合うツールを探すところから始めましょう。

Amazonせどりの始め方③【商品の仕入れ】

儲かる商品がリサーチできたら、仕入れ作業を行います。具体的な仕入れのやり方と、おすすめの仕入先を紹介します。

せどり仕入れのやり方

せどりで販売する商品を仕入れる方法は、主に2パターンあります。

  1. 店舗へ行って商品を購入する方法(店舗せどり)
  2. ネットショッピングで商品を購入する方法(電脳せどり)

思わぬ掘り出し物や発見があるのは店舗せどりですが、手軽なのは電脳せどりです。

電脳せどりとは

仕入れから販売まですべての作業をオンライン(インターネット)で完結するせどりのこと。

店舗せどりと電脳せどりの仕入れ方は次の通りです。

店舗せどり
  1. ディスカウントストアなどのお店へ足を運ぶ
  2. リサーチ結果を参考にしながら商品を探す
    ※隅から隅まで商品をチェックしてお店独自のセールや価格設定を見逃さないこと
  3. 儲かる商品が見つかったら複数購入して仕入れ完了
    ※在庫をすべて買い占める行為は迷惑になるため注意
電脳せどり
  1. ツールでリサーチしながら最安値で購入できるショッピングサイトにアクセスする
  2. ショッピングサイトで商品を仕入れて完了
    ※海外サイトの場合はクレジットカードやデビットカードが必須

お試しでせどりを始めたい場合や、少量から販売した場合は店舗せどりがおすすめです。一方で場所や時間に囚われず、スキマ時間でコツコツ作業を進めたい場合は電脳せどりがおすすめです。

まずは両方の仕入れ方法を試し、比較しながらやりやすい方法を見つけましょう。

Amazonせどりに向いている仕入れ先ランキングトップ10!

順位 店舗名 セール品の多さ ニッチなお宝商品 せどりのライバル数
1位 Aliexpress 多い 多い 多い
2位 阿里巴巴1688.com
Alibaba.com
多い 多い 多い
3位 コストコ 多い 多い 少ない
4位 淘宝網(タオバオ) 多い 多い 普通
5位 ドン・キホーテ 普通 少ない 多い
6位 eBay 普通 多い 普通
7位 Amazon.com
(アメリカ版Amazon)
普通 多い 普通
8位 TSUTAYA 少ない 少ない 少ない
9位 BOOKOFF
HARDOFF
普通 普通 多い
10位 トレジャーファクトリー 多い 多い 少ない

海外サイトや会員制など、登録や購入にハードルがある場合は比較的ライバルが少なくなる傾向にあります。

一方で店舗せどりは気軽に始められる分、ライバルが多い傾向があるため入念なリサーチが必要です。

注意

中古品を転売する場合は、警察へ古物許可申請を行う必要があります。古物許可申請は管轄の警察署(防犯係)で可能です。

【許可申請書のダウンロード・申請場所一覧はこちら】

Amazonせどり向きのおすすめ商品ジャンル

ゲーム 発売前から話題になっているタイトルや、人気ゲームの過去作品などがおすすめ。
美容・健康 基礎化粧品やヘアケア商品、メイクアップコスメまで幅広く扱える。海外コスメなどAmazonでの取り扱いがほとんどない商品がおすすめ。
PC・周辺機器 マウスやキーボード、マイクなどの周辺機器がおすすめ。とくにゲームやオフィスに関連する商品の需要が高い。
家電・カメラ ワイヤレスイヤホンやプロジェクター、スマートウォッチなど小さい家電がおすすめ。

Amazonせどりに向いている商品ジャンルは、小さくてユーザーが気軽に購入できるものです。

まずはあなたが詳しいジャンルや興味のあるジャンルから、儲かる商品を探してみましょう。

Amazonせどりの始め方④【出品して販売&売れたら発送】

商品を仕入れて販売の準備ができたら、実際にAmazonへ出品します。

Amazonへの出品方法は個人で販売を行う「自己出品」と、物流拠点(フルフィルメントセンター)へ発送する「FBA」の2通りあります。

出品・発送方法が異なり、メリットや使い勝手も違うので、どちらの方法が合っているかよく比較して決めましょう。

自己出品とFBAの出品・発送方法について、以下から詳しく解説します。

FBAを利用した出品のやり方&発送手順

FBAとはAmazonの物流拠点に商品を送り、保管から配送まですべておまかせできるサービスです。

もちろん返送やお客様返品などの手数料が無料になります。ピッキングも自身で行う必要はありません。

FBAの出品と発送方法は以下のとおりです。

  1. 出品用アカウントからFBAセットアップを行う
  2. 商品詳細ページに商品情報や画像を入力して出品する
  3. 出品が完了したら在庫管理ページへ移動しFBAを利用する商品を選択する(Amazonから出荷に変更)
  4. FBAに選択した商品を梱包ガイドライン配送・経路指定要件に従って配送準備をする
  5. 納品プランの作成を行う
  6. Amazon配送ラベルを印刷して商品を物流拠点へ配送して納品

FBAを利用すると商品がAmazonプライム対象になります。さらにFBAカスタマーサポートや返品管理の利用、追加料金なしで海外配送も可能です。

FBAの利用は面倒な配送準備や対応をすべて省いて、在庫管理をラクにした場合におすすめです。

FBAの手数料について

FBAは利用した分(注文が入った分)だけ発生する手数料と、毎月発生する手数料があります。

毎月発生する手数料;在庫保管手数料、長期在庫保管手数料、在庫保管超過手数料
利用した分だけ発生する手数料:配送代行手数料、納品不備受領作業手数料、返送/所有権の放棄手数料、購入者返品手数料

【FBA手数料の詳細はこちら】

自己出品でのやり方&発送手順

自己出品は自身で商品の在庫を管理して、お客様へ直接出荷する方法です。

自己出品のやり方と発送方法は以下のとおりです。

  1. 出品用アカウントから商品を出品する
    →すでにAmazonで販売されている商品の場合は既存の商品情報を照合する
    →あなたが最初の出品者である場合は新規で商品情報を作成する
  2. 詳細情報を入力して出品が終わったら売れるまで待つ
  3. 商品が売れたらお客様が選択した配送サービスに従って梱包・発送をする

自己出品ならばFBA手数料がかからないため、できるだけコストを抑えたい場合におすすめです。

ただし在庫管理や発送など、すべての作業を自分で行わなければならないため手間がかかります。

Amazonの出品&商品管理が楽になるツール5つ

ツール名 利用料金 プラットフォーム おすすめポイント
1 Amazonセラーセントラル 無料 ブラウザ
Android/iOS
  • 公式だから基本的な機能はすべて揃っている
  • アプリ版ならいつでもどこでも出品可能
  • 出品制限がかかっている商品を確認できる
2 プライスター 1ヶ月無料
月額5,280円
ブラウザ
Android/iOS
  • 一括出品ができる
  • 売上の自動計算や価格自動改定が可能
  • 購入者へのサンクスメールが簡単に送れる
3 マカド!-MAKAD- 30日間無料
月額4,980円
ブラウザ
  • 数秒で簡単に商品登録ができる
  • 24時間365日対応の自動価格改定が可能
  • 商品リサーチや仕入れツールとして使える
4 WatchBell 30日間無料
月額3,980円
ブラウザ
※スマホ版あり
  • より高く売るための手動価格改定ツール
  • 底値ではなく適値がわかる
  • 価格推移だけでなく他者の在庫や入荷状況もわかる
5 Cappy 最大60間無料
月額3,980円
ブラウザ
※スマホ版あり
  • 出品コメントのテンプレートをカスタマイズできる
  • 在庫数が少なくなったら通知が届く
  • FBAと自己出品の同時作業が可能

有料ツールは出品や在庫管理だけでなく、リサーチツールとしても使用できます。

出品や在庫管理などの基本的な機能はどのツールも大差ありません。しかし使いやすさや独自機能が異なるため、まずは無料お試しから始めてみましょう。

Amazonで商品が売れやすくなる出品のコツ3つ

  1. Amazonのランキングをよく参考にすること
    →売れ筋ランキングだけでなくほしい物ランキングなどもチェック
  2. 商品情報を詳しく入力する
    →細かな仕様も記載して検索にひっかかりやすくする
  3. 店舗名をわかりやすくする
    →よくわからない店舗名は不審に思われやすくリピートもされにくい

Amazonせどりで重要なのが、とにかく実績をたくさん作って優良な出品者と認められることです。

実績をたくさん作ることでより検索されやすくなったり、自己出品でもプライム対象商品が販売できるようになったりします。

まずは店舗名や商品情報など基本的な部分を作り込んで、少しでも多くの実績を作るところから始めましょう。

自己出品でプライム対象商品を販売するには

マケプレプライムの登録出品者になる必要があります。誰でもマケプレプライムに登録できるわけではなく、参加資格を獲得し維持しなければなりません。

Amazonせどりでよくある失敗&対応策!儲からないを回避せよ

  • 儲かっていても仕入れ資金がなくなりがち
    →Amazonの入金サイクルを考えて仕入れを行う
  • 最初は儲からない商品も仕入れがち
    →リサーチツールの仕入れ基準を守る
  • Amazonで出品禁止の商品を仕入れてしまう
    →とくに無許可輸入化粧品や電子機器はミスしがち
  • 古物商許可を取っていない
    →無許可で中古品を販売すると3年以下の懲役または100万円以下の罰金
  • メーカー規制の商品を仕入れてしまう
    →大手メーカーやブランド(Apple・CASIO・adidas・TAKARA TOMYなど)は規制が多いので注意
  • ネット仕入れで偽物の商品を購入してしまう
    →化粧品やアパレル系は偽物が多いので注意
  • Amazonの出品アカウントを凍結される
    →規約を守っていても凍結される可能性あり。運なので回避不可
  • 悪質な購入者に当たってしまう
    →返品前提で購入している人もいる。使い切り商品やトレンド物はとくに返品されがち
  • ライバルせどらーの妨害を受ける
    →出品している商品を買い占められたあとにすべて返品される。商品がまとめて売れた場合は運営に連絡して確認してもらう

失敗すると稼げないどころか損をしてしまう可能性や、罪に問われるケースがあります。

失敗を回避するならば入念なリサーチと準備をしてから、Amazonせどりを始めましょう。

Amazon出品者用お問い合わせ窓口

URL:https://sellercentral.amazon.co.jp/help/hub/support
※セラーセントラルへのログインが必要です。
オペレーター直通番号:0120-999-373

【Amazonテクニカルサポートへのお問い合わせに関するガイドライン】

まとめ:Amazonせどりの始め方は4ステップ!正しいやり方ならば稼げる

  • 入念なリサーチで売れないを回避
  • ツールを使えばリサーチも出品もラクに
  • 実店舗を持っていなくても簡単に始められる

Amazonでの商品販売は難しいイメージがあります。しかし身分の証明ができれば誰でもすぐに始められます。

さまざまな手数料がかかってしまうため、着実に利益を得るならば入念なリサーチが必要です。

Amazonせどりに便利なツールがたくさんあるので、この記事で紹介したツールの中から、あなたに合ったツールでしっかり稼ぎましょう!

紹介した手順通りに正しく行えば、誰でもAmazonせどりで稼げます!

まずは仕入れや商品のリサーチなど、できる部分から試してみてください。