REIT(リート)投資とは?【初心者も副業で稼げる】おすすめ証券会社&やめとけと言われる理由も解説

投資・貯蓄

REITならば少ない資金でも不動産投資にチャレンジできます!

  • 「どうして少額で不動産投資できるの?」
  • 「REITはリスクが高いって聞いたけど?」
  • 「安全に不動産投資できるならやってみたいけど…」

この記事を読むとREITの仕組みを理解できて、初心者でもすぐにはじめられます。

はるか
はるか
実際にREITで少額投資をコツコツと続けて、資産を育てている人はたくさんいるよ♪

記事の後半ではREITに対応しているおすすめの証券会社も記載しているので、ぜひ最後まで目を通してください。

そもそもREIT(リート)投資とは?どうやって稼ぐ?【初心者向けに解説】

REITとは、ホテルやオフィスビルなどの不動産に少額投資できる商品のことです。

何百億もする不動産に少額投資できる理由は、たくさんの投資家から資金を集めて1つの不動産を所有するからです。つまりREITで得た利益もみんなで分け合います。

しかもREITは投資信託に分類されるため、「どの不動産を選べばいいんだろう?」と悩む必要はありません。

投資信託とは、多くの投資家から集めたお金を投資のプロが代わりに運用し、得た利益が分配される投資方法のこと。いくつもの不動産に分散投資を行うため、低リスクで運用できます。

REITと普通の不動産投資を比較すると、次のような違いがあります。

REIT 普通の不動産投資
分散投資でリスクも分散できる 運用がうまくいかなかった際のリスクが高い
得な非課税制度・NISAを利用できる NISAは利用できないがさまざまな節税制度あり
投資先の選定・運用やプロが行う 自分で投資先を選定・運用
(投資家に条件の良い物件が回ってくることは少ない)
少額から投資可能 多額の資金が必要
売却がスムーズ 査定や売却先を探す必要がある
管理の手間が一切ない 運用会社が管理を担う

REITは、とくに利回りの高さから多くの投資家が注目する投資です。

利回りとは

投資金額に対する収益の割合。投資信託などで使われることが多い表現。一般的には1年間の年利回りのことを「利回り」と呼ぶ。

ただしREITは不動産投資ならではのリスクをともないます。根拠のない投資は大きな損失につながるため注意してください。

はるか
はるか
少額で不動産に投資できるってスゴイよね。しかもホテルに投資なんてカッコイイ!

REIT(リート)投資は初心者や副業でも稼げる?やめとけと言われるのはなぜ?

REITは初心者や副業でも稼げます。少額から投資でき、分散投資なので低リスクで運用可能なためです。運用はプロに丸投げでき手間もかからないことから、副業向けの投資です。

その一方で次のようなリスクがあることから「REITはやめとけ」と言われることもあります。

REITのリスク

  • 元本割れ(投資金額よりも価値が下がってしまうこと)のリスクがある
  • 自然災害や事故の影響を大きく受ける
  • 分配金は再投資できない
  • 地価(土地の価格)の影響を受けやすい
  • 運用会社の倒産リスクがある

とはいえ上記のリスクはREITに限った話ではありません。

投資にリスクは付き物。いくらプロに任せられるといっても投資家として最低限の知識は身につけましょう。

以下はREITに挑戦している人の口コミです。

はるか
はるか
REITのようにコツコツと投資する商品は、長期投資が基本だよ!

REIT(リート)はどれを買えばいい?選ぶポイントは?【初心者は始める前に要チェック】

種類 おすすめ度 特徴
REIT型ETF ★★★★★
  • REIT型ETFに投資することで上場しているREIT銘柄すべてを対象に投資できる
  • REIT自体も分散投資のしくみで成り立っているので、ETFを活用してさらにリスクを抑えられる
  • 売買手数料だけでなく信託報酬や監査報酬がかかる
複数用途型REIT ★★★★☆
  • 用途の異なる複数の不動産に分散して投資できる
  • 不動産ごとに異なる特色の影響が少ないのでリスクヘッジになる
  • 単一用途型と比較してローリスク・ローリターン
地域特化型REIT ★★★☆☆
  • 投資地域を限定したREIT。海外の不動産へも投資できる
  • 地域を絞ることで運用コストを抑えられる
  • 特定の地域に不動産が集中するため、災害時のリスクが大きい
単一用途型REIT ★★★☆☆
  • オフィスビル特化型、住宅特化型など不動産の用途を限定して投資する
  • 対象となる不動産に関連する業界の景気がよいときは高い利回りが期待できる
  • 分散投資によるメリットを得づらいので比較的ハイリスク・ハイリターン

選ぶポイントは販売内容や手数料、売買代金です。あなたに合った投資方法を選んでくださいね。

はるか
はるか
初心者は「REIT型ETF」からはじめてみよう♪

REIT(リート)投資の始め方&買い方4ステップ【初心者でも簡単スタート】

ステップ1
口座開設
REITは株式と同じように証券会社の店頭、またはネットで購入可能です。証券会社を選んで口座を開設してください。 オンラインで手続きが完結する証券会社も多いので簡単に開設できます。
ステップ2
口座へ入金
投資資金を証券口座に入金します。
ステップ3
REITを購入
REITの種類や銘柄を選んで投資します。証券会社・銀行の店頭やネットで申し込んでください。 取引が成立すると、口座から売買代金が引き落とされます。

REITの利益は分配金によって支払われます。決算時期は投資法人によって異なるものの、多くは年に1〜2回程度です。

運用に応じた分配金を受け取れます。

はるか
はるか
REITは証券会社で口座開設したらすぐにはじめられるよ!

REIT(リート)投資ができるおすすめ証券会社3つ【初心者はまずここで口座開設】

証券会社 おすすめ度 手数料(売買時) 取扱銘柄数 特徴
SBI証券 ★★★★★ 100,000円までは99円
500,000円までは275円
(スタンダードプラン)
2627銘柄
  • 国内個人取引シェアNo.1
  • 国内外株式、投資信託、IPOの取扱銘柄は業界トップクラス
楽天証券 ★★★★☆ 100,000円までは99円
500,000円までは275円
(超割コース)
2666銘柄
  • 取引手数料が安い
  • 取引に楽天ポイントを活用できる
松井証券 ★★★☆☆ 500,000円までは0円
(1日定額制)
1580銘柄
  • 100年以上の歴史をもつ老舗証券会社
  • 少額なら取引手数料0円なので始めやすい
  • 投資初心者も安心のサポート体制

証券会社選びのポイントは手数料や取引手法、取扱銘柄です。自分に合った証券会社を選んでください。

まとめ:REIT(リート)投資は初心者でも稼げるが損をすることもある!少額から始めよう

  • 初心者・副業でもREITは可能!
  • 少ない資金で始められて、高い利回りが期待できる!
  • 損をすることもあるので少額から慎重にはじめよう
はるか
はるか
まずはこの記事で紹介した『REIT(リート)投資ができるおすすめ証券会社3つ』に登録して、REITをはじめよう!

ぜひREITでコツコツ資産を増やして、将来の安心につなげてください。

はるかちゃんがLINEで登場
女性副業ナビとは