副業初心者でもできるWebライターで月10万円稼ぐ方法

webライター

在宅でできるような副業って、スキルがないとできないと思っていませんか?

たしかにスキルや経験があったほうが、仕事の選択肢が多く、高単価の仕事も受注しやすくなります。しかし、経験やスキルのない副業初心者でもWebライターなら、月10万円稼ぐことが可能です。

ではどうしたら副業初心者が、Webライターとして月10万円の収入を稼げるようになるのか、単価アップのコツとともに解説します。

スキルなし副業初心者に「Webライター」がおすすめな理由

スキルなしの副業初心者の場合、そもそもできる仕事の選択肢自体が少ないです。選択肢が少ない中でも、最もおすすめなのが「Webライター」です。

では、スキルなしの初心者におすすめな理由をご紹介します。

文章を書くだけだから誰でもできる

Webライターの仕事は基本的に文章を書くだけです。画像を用意したり、文字装飾をしたりする必要がある仕事も多いですが、文章さえ書ければ特別な知識やスキルがなくても始められます。

もちろん文才も必要ありません。文才があれば面白い記事が書けるので、面白さや楽しさを追求したメディアや紙媒体などのさまざまな仕事ができるかもしれません。

しかし基本的に提示されたキーワードをもとに、情報を調べて文章にまとめることが仕事なので文才がなくても大丈夫です。

初心者歓迎の案件が多い

Webライターは誰でもできる仕事なので、その分初心者歓迎の案件が多いです。初心者歓迎案件なら、記事の入稿方法やツールの使い方などが全くわからなくても問題なく仕事ができます。

また、募集要項には「美容をテーマに…」「映画に関する記事」のように、書いて欲しい記事のジャンルがほぼ必ず記載されていますが、基本的に募集ジャンルの知識がなくてもできる仕事が多いです。

私も今まで全く知識のないジャンルの記事を書き続けてきましたが、調べていくうちに理解できるようになるので、知識がなくて苦戦したことはほとんどありません。

知識やスキルを付けることができる

仕事を続けているうちに、担当している記事の分野に関して詳しくなったり、効率的に文章を書くスキルが身に付いたりなど、知識やスキルが自然に付いてきます。

私も始めた当初は、どんな分野においても知識が全くありませんでしたが、今では幅広いジャンルの知識が身に付いて仕事の選択肢が大幅に増えました。

また、当初は1時間に300~500文字程度しか書けませんでしたが、コツを掴んで効率が上がったことで、現在では1時間に1,500~3,000文字程度は書けるようになりました。

Webライターになる方法とおすすめのサービス

Webライターになる方法は、主に2通りあります。

求人に直接応募する

Webライターの求人は、インターネット上で探すことができます。「未経験」や「在宅」などのワードを入れて検索すると、求人が見つかりやすいです。

たくさんの求人の中から記事のジャンルや稼働時間目安、報酬などを比較して、自分に合った求人を見つけて応募しましょう。

求人探しにおすすめのサイト

初心者歓迎の案件が多く、女性の副業探しに向いているおすすめサイトをご紹介します。

ママワークス 子育てや家事の合間など、隙間時間にできる仕事を多数募集しています。条件を細かく設定して絞り込み検索ができます。
@soho 求人数は多くないですが、完全在宅の仕事を探しやすいです。
Wantedly 隙間時間でできるライティングの仕事から、大手メディアの仕事まで、幅広い求人を掲載しています。初心者から上級者まで、レベルに合った求人を探すことができます。

クラウドソーシングを使う

クラウドソーシングとは、案件の応募から連絡、納品、報酬受け取りまで一括でできるサイトです。

経験の有無や報酬額など条件を細かく設定して検索できるので、自分に合った仕事が探しやすいです。また、同一のクライアントから記事のジャンルや、レベルの違う求人を複数出すこともあるので、求人数が非常に多いのも特徴。

案件探しに必須のツールだと言えるでしょう。

案件探しにおすすめのサイト

私が初心者時代からとてもお世話になっている、クラウドソーシングサイトをご紹介します。登録から利用まですべて無料なので、ぜひ活用してみてください。

クラウドワークス 求人数、クライアント数ともに業界最大級。機能がシンプルで全体的に見やすいのが特徴です。
ランサーズ 求人数はクラウドワークスより少ないですが、機能が充実しており、条件をとても細かく設定して検索できます。案件に対する応募者数が比較的少ないので初めてでも採用されやすいでしょう。
シュフティ 主婦向けの在宅ワークを多数掲載しているので、隙間時間にできる案件が多いです。サクッとできる求人ばかりなので、すぐにできそうな仕事を見つけやすいでしょう。

Webライター初心者が月10万円稼ぐ2つの方法

Webライター初心者はあまり稼げないと思われがちですが、実は意外と簡単に月10万円程度は稼ぐことは可能です。コツを掴めば1~2ヶ月で月10万円を達成することができるでしょう。

では、月10万円稼ぐ方法について解説します。

タスク作業を行う

クラウドソーシングの案件には、大きく分けてタスク作業と固定報酬制の2種類があります。

タスク作業は案件募集ページから直接作業を行って納品できるタイプで、固定報酬制は案件にエントリーしてクライアントと交渉を行い、選ばれた人のみが引き受けられるタイプです。

アンケートや感想などの簡単な案件が多いですが、Webライター向けの案件は指定テーマで記事を書く案件が中心で、文字数は1,000~4,000字くらいまで。自分で好きなテーマや書けそうな文字数の案件を選んで1記事ごとに納品します。

タスク作業は契約を交渉する必要がなく、自分のタイミングですぐに仕事が始められるのでWebライターデビューにおすすめです。

単価自体はあまり高くないですが、1日3,000円程度稼ぐことは意外と簡単です。毎日コツコツとタスク作業をこなせば、副業としては充分な金額を稼ぐことができます。

ただし、時期やタイミングによっては単価がとても低くなって、まとまった金額を稼ぐことが難しくなる場合もあるので、常に案件のチェックをして金額の高いタスクがあったら積極的に挑戦してみましょう。

複数の案件を掛け持ちする

固定報酬制や直接契約でも、ひとつの案件だけでは月10万円を達成することは難しいです。そのため、月数万円単位の案件に複数応募して、掛け持ちするとよいでしょう。

おすすめは月20,000~30,000円程度の案件を、3~4種類くらい掛け持ちすることです。

月20,000~30,000円ほどの案件は1記事2,000~3,000文字程度で、1文字0.5~1円くらいの案件が多いです。だいたい10~20記事ほど納品する必要があるので、10~30時間程度の作業量になります。

1文字あたりの単価が高ければ作業量は少なくなるので、5~6時間で20,000~30,000円ほど稼げる案件もあります。

ただし単価が高くても、あまりに掛け持ちが多くなってしまうとスケジュール調整が難しくなるので、多くても4種類に収めておきましょう。

掛け持ちをすれば、万が一案件の契約が終わったり打ち切りになったりしたとしても、ある程度の収入は確保されているので、契約終了によるダメージを最小限に抑えられます。

私も副業時代から本業になった今に至るまで、ずっと変わらず固定報酬制と直接契約の掛け持ちで回しています。掛け持ちしているおかげで、突然仕事がなくなってしまってもとくに問題なく過ごせています。

タスク作業と固定報酬制・直接契約の単価の違い
タスク作業の単価 1文字あたりの単価は0.2~0.5円ほどが中心で、文字単価1円以上はほぼなし。1円以上で募集があったとしても、「○○の経験がある人」「自分で撮影した写真○枚以上」など厳しい条件が設定されている場合が多い。
固定報酬制・直接契約の単価 文字単価が低い案件も多いが、文字単価1円以上の案件も多い。タスク作業の2~3倍は効率よく稼げるので、慣れてきたら固定報酬制か直接契約を中心に掛け持ちするのがおすすめ。

副業初心者でも仕事をもらうコツ

案件を募集しているクライアントのもとには、たくさんの人からの応募が集まります。応募の時点である程度ふるいにかけて、気になった人だけに返信を行うケースが多いです。

なかなかクライアントから返信がもらえず、Webライターで稼ぐこと自体を諦めてしまう初心者は少なくありません。私自身も「どうせ仕事がもらえない…」と諦めたことがあります。

しかし、初心者が躓きがちな仕事がもらえない問題も、プロフィールを工夫すればある程度改善することができます。

まずプロフィールは、4つのポイントを意識して書くとメッセージの返信率が上がります。実際に、私もポイントを抑えてプロフィールを大幅に変更したことで返信率が高くなりました。

経験やスキルについて書く 仕事に活かせる経験が望ましいですが、実績を積む前はなんでもOKです。接客業でも事務でも、大学の専攻科目でも、なにかしらの経験を持っていたら記入するとよいでしょう。
得意分野や興味のあるジャンルを書く どんなジャンルでもいいので、得意分野や興味関心があるものをなるべく細かく書いてください。
連絡手段について書く 連絡手段として使える外部ツールについて書き加えるとよいでしょう。おすすめはChatWork(ビジネス用メッセージアプリ)やSkypeです。また、レスポンスの目安(24時間以内、なるべく早めなど)も書きましょう。
意気込み あまり書くことがない場合は、「不慣れですが責任を持って最後まで業務を全うします」「お仕事を通じてキャリアアップを目指したいです」など、意気込みを書き加えるとやる気アピールにつながります。

詳細なプロフィールが書けないタイプの求人サイトの場合は、メッセージに詳しくプロフィールを書くとよいでしょう。

実際にプロフィールを改善したことで、10件応募して1件も返信がなかった状態から、4件応募して3件返信がくるようになりました。ぜひ、プロフィールを作る際の参考にしてみてください。

簡単に月10万円を達成した報酬アップに繋がるポイント

最初は全く文字数を稼ぐことができず、月20,000~30,000円程度稼ぐことが精一杯でした。しかし、ライティングのコツを掴んだことで報酬アップに繋がり、簡単に月10万円を達成できるようになりました。

私自身が比較的簡単に月10万円を達成できた方法について解説します。

SEOの知識を付けた

Webライターで報酬アップを狙うなら、「SEO」は絶対に習得しておくべき知識です。

SEOとは検索エンジン最適化のことで、検索エンジンを用いたマーケティング戦略のひとつとして知られています。

検索エンジンでなにかのキーワードを検索したとき、ついクリックしてしまうのは1番上(検索1位)に表示されているページではないでしょうか?

クリック率が高いのはやはり1位のページだと言われており、順位が下がれば下がるほどクリック率も少なくなる傾向があります。

商品やサービスを宣伝し売り出すためには検索結果で上位を狙って、ページのクリック率を上げる必要があります。

検索上位を狙うための対策がSEO対策です。報酬アップを狙うなら軽くでいいので、SEOの知識は身につけておきましょう。

私はSEOの知識を軽く身につけ、どんな記事なら検索上位に表示されるか考えながら記事作成を続けていたら、高単価の案件に受かりやすくなりました。まずはなんとなくでもいいので、SEOはどのようなものか理解するとよいでしょう。

記事の構成は論文と同じ

Webライター初心者は、どうしたら長い文章を書けるようになるのかわからず、なかなか文字数が伸びず躓いてしまう人が多いです。実際に私も、たった500文字の記事を書くことに苦戦していました。

しかし文字数が伸びないという初心者が躓きやすいポイントは、構成を作るコツを掴めばあっという間に改善できて、スラスラと文章が書けるようになりますよ。

まず、インターネット上で公開されている記事の多くは、論文と同じ「はじめ」「なか」「おわり」の構成で作られています。

はじめ リード文と呼ばれる部分。記事にはどんなことが書かれているのか、内容を説明する。
なか キーワードに関する説明などを書く部分。記事の中心で、見出しを増やすほど記事が充実する。
おわり まとめの部分。記事の内容を完結にまとめたり、感想を入れたりする。

指定された文字数が多い記事は「なか」の部分の見出しの数を増やして記事のボリュームを調整できるようになれば、スムーズに記事作成ができるようになります。

私も最初は、全く文字数が稼げずに記事作成にとても時間がかかっていましたが、構成を意識するようにしたことで、現在では10,000文字近い記事も簡単に書けるようになりました。

コツを掴めばどんどん効率がよくなるので、結果的に報酬アップに繋がります。

ベテランになるとどれくらい稼げる?初心者と上級者の報酬の違い

わからないことが多く効率がなかなか上がらない初心者と、慣れてきて効率よく仕事ができる上級者ではどれくらい報酬に違いが出るのか解説します。

初心者が月10万円を達成する目安は100~200時間前後

初心者の場合、1文字あたりの単価は0.5円前後、高くても1円程度が限界です。

そしていくら単価アップのコツや知識を身につけていても、やはりある程度の慣れは必要です。慣れないうちはなかなか効率が上がらないのが現実。

そのため、効率があまりよくない初心者の場合、月10万円を達成するために必要な作業量は200時間くらいかかる可能性があります。時給換算すると500円です。

初心者であってもタイピングが速い、スラスラと文章が書けるなど、文章作成に慣れている人なら100時間以内に月10万円を達成できるかもしれません。100時間以内の場合は時給換算で1,000円以上になります。

上級者が月10万円を達成する目安は30~50時間前後

タイピング速度が上がり、文章作成にも慣れている上級者の場合、1文字あたりの単価は1円以上になります。上を見たらキリがありませんが、上級者向け案件はだいたい1文字1~2円くらいで募集が出ているケースが多いです。

仕事に慣れている上級者が仮に文字単価1円で案件を受けた場合、作業スピードが遅い人でも50時間前後、速い人なら30時間以内に月10万円を達成することができます。

時給換算するとだいたい2,000~3,000円くらいです。

作業スピードは人それぞれ自分なりの限界があるので、上級者の場合は作業スピードを上げて時給を高くするのではなく、文字単価そのものを上げて時給を高くします。文字単価を上げれば時給5,000円以上も狙えます。

実際に文字単価4円の案件をいただいたときの私の時給は、6,000~8,000円ほどになりました。

単価が低いと言われることが多いWebライターでも、上級者になれば初心者の何倍も高い単価で効率よく稼げるようになりますよ。

初心者でも簡単に月10万円達成できる

副業初心者がWebライターとして月10万円を稼ぐことは難しいと思われがちですが、コツを掴めば意外と簡単に達成できます。

たとえ1文字あたりの単価が低めであっても、短時間でスラスラと記事が作成できるようになれば、充分な収入が期待できるでしょう。

最初はなかなか作業が進まないかもしれませんが、何度か納品や修正をくり返していくうちに、自分なりの記事の書き方が習得できるようになります。

まずは、興味のある案件を探すところから始めてみてください。