売れるレジンアクセサリーの条件3つ【儲かるコツ6つ公開】すぐ使える方法

ハンドメイド販売

レジンアクセサリーを爆売れさせるのは簡単です!

  • 「売れ残りが多くて在庫が増える」
  • 「もっと売るにはどうしたらいいかわからない」
  • 「売れない原因ってなに?」

この記事では売れるレジンアクセサリーの条件と販売テクニックについて解説しています。

記事の後半では人気で儲かるジャンルについても記載しているので、ぜひ最後まで目を通してください。

目次

売れるレジンアクセサリーの条件3つ!ダサくない・高級感がある・おしゃれ

売れるレジンアクセサリーと売れないレジンアクセサリーには決定的な違いがあります。

まずは売れるレジンアクセサリーの条件を3つ、以下から詳しく解説します。

ダサいレジンアクセサリーや手作り品はどんなの?

ダサいレジンアクセサリーは、必ず以下の条件に当てはまっています。

ダサいレジンアクセサリーの条件

  • 艶がない
  • 金具が安っぽい
  • 副資材(ラインストーンや金具、モールドなど)自体がダサい
  • 色と副資材の組み合わせが合っていない
  • おもちゃっぽい(安っぽい)
  • 作りが荒い

レジンアクセサリーがダサく見える原因は、作家のセンスが悪いからだと思われがちです。

たしかにセンスで左右される部分はあります。しかし技術力不足や副資材の選び方が間違っているなど、センス以外の部分でダサくなっている可能性が高いです。

まずはダサいレジンアクセサリーの条件に当てはまっていないか、作品をよく見て研究しましょう。

艶がない=マット加工ではありません

艶がないとは気泡やバリが多い、研磨が足りないなど粗く曇っている状態のことです。マット加工であえて艶がない作品は、ダサいレジンアクセサリーの条件に当てはまりません。

高級感のあるレジンアクセサリーは売れる

高級感のあるレジンアクセサリーの特徴は、以下の通りです。

  • レジンパーツの主張が激しすぎない
  • 金具やラインストーンなどの副資材をたくさん使っている
  • レジンパーツと副資材が喧嘩していない・統一感がある

レジンパーツの主張が激しすぎないアクセサリーとは、レジンの使用を最低限に抑え、金具やラインストーンなどの副資材を目立たせている作品です。

たとえばyunano and kさんのレジンパーツをビジューに見立てたアクセサリーです(下記の画像参照)。

引用元:minne

「グレーマーブルのレジンビジュー」はクォーツのような模様が美しく、本物の鉱石を削ったような高級感があります。

統一感がある資材選びも相まって、いい意味でレジンらしさがない作品です。

またレジンパーツ自体が大きい作品でも、副資材をたっぷり使っている作品は高級感があります。

たとえば皇流那さんの魔法少女をモチーフにしたアクセサリーです(下記の投稿参照)。

yunano and kさんの作品とは対照的で、レジンパーツが目立ちます。しかしスワロフスキーやゴールドパーツ、パールなどをふんだんに使ったことで、輝きが増して高級感のある作品になっています。

系統によって高級感の出し方は異なります。しかしどんな系統でも、副資材との組み合わせ次第で高級感を出すことはできます。

おしゃれで売れるレジンアクセサリーの特徴

  • 作りが丁寧でバリや気泡がない
  • 副資材選びにこだわっている
  • レジンに余計な要素を詰め込んでいない
  • なんでも盛りすぎない
  • テーマがしっかり決まっていて統一感がある
  • 作家のこだわりを主張しすぎていない

おしゃれで売れるレジンアクセサリーは、購入者の需要をよく考えて、万人受けしやすい作品が多いです。

とくに意識すべき点は「なんでもなんでも要素を詰め込んで盛りすぎないこと」です。

たとえばRikoJewelryさんの作品は、草花のみにテーマを絞っています。そのため草花以外の要素は入れずに、統一感のある仕上がりとなっています(下記の画像参照)。

引用:Instagram-@riko__earrings

作家のこだわりを主張した作品も売れないわけではありません。しかしおしゃれで売れるレジンアクセサリーを目指すならば、需要をよく考えた作品制作をする必要があるでしょう。

補足情報

売れるレジンアクセサリーは細部まで丁寧に作られていることが大前提です。粗が目立つ作品は、安っぽくダサい印象になりやすいため売れません。

レジンアクセサリー人気ランキングトップ5!これ作れば売れる!

順位 商品 人気の理由 1個の利益 作成時間
1位 草花系(ボタニカル系) カラフルで個性が出しやすいのにシンプルで万人受けする 1,000円~ 1個30分~1時間
2位 宝石系(鉱石・ビジューなど) 普段遣いしやすく高級感がある 1,000円~ 1個30分~
3位 海系(海・海洋生物・マーメイドなど) ブルーやパステルカラーが美しい 500円~ 1個30分~2時間
4位 宇宙系(空・星・銀河など) レジンの透明感を生かした輝きが美しい 500円~ 1個30分~
5位 魔法アイテム系 普段遣いはしにくいが作品として評価されやすい 1,500円~ 1個1~5時間

普段遣いしやすい系統のデザインほど、人気が高くなります。

とくに年代問わず使いやすい草花系や宝石系は、TPOに縛られない使い方もしやすいため人気です。

レジンアクセサリー販売のコツ&売れるテクニック6つ

  1. 今は何のアクセサリーが人気で売れるのかを常にリサーチする
  2. レジンアクセサリーの販売サイトやアプリにはきれない写真を載せる
  3. レジンアクセサリーの人気ハンドメイド作家を参考にする
  4. レジンアクセサリーに関する資格を取得する
  5. 作ったレジンアクセサリーの写真をSNSにアップすると売れる
  6. 自分で作ったレジンアクセサリーを日々身につける

どんなに素敵なレジンアクセサリーでも、単純にショップページへ掲載するだけでは売れません。

しかしちょっとしたひと工夫をするだけで、作品やあなた自身のファンが増え、より売れやすい環境が作れます。

以下よりレジンアクセサリー販売のコツと売れるテクニックについて詳しく解説します。

1.今は何のアクセサリーが人気で売れるのかを常にリサーチする

需要を把握するには、常にトレンドをチェックすることが大切です。

どんなアクセサリーが売れるのかリサーチする方法としては

  • プレス記事(FASHION PRESSなどのファッションニュース)
  • Twitter・Instagram・YouTube・Tik Tok
  • アクセサリーショップへ足を運ぶ
  • ファッション雑誌
  • 販売サイトのランキングやおすすめ

などがあります。とくに販売サイトのランキングは、まさに今この瞬間に売れているアクセサリーのため、チェックしておくべきです。

またSNSでバスっているアクセサリーや、インフルエンサーが購入もしくは愛用しているアクセサリーも売れる傾向があります。

こまめに情報をチェックしておきましょう。

2.レジンアクセサリーの販売サイトやアプリにはきれない写真を載せる

レジンアクセサリーを売る際に、もっとも重要なのが写真です。

きれいな写真の条件
自然光で撮影されている 自然光は作品がもっとも映える光。多少古いスマホでもきれいに撮影できる。
明るくて作品が映えている 暗い写真はNG。明るい場所で撮影することが鉄則。
背景がシンプルでごちゃごちゃしすぎていない アクセサリーがメインのため、背景はごちゃごちゃさせない。
実物に近い色味になっている きれいに見せる加工はOKだが、実物とかけ離れた色味になるのはNG。

商品の詳細を見ようと思うのは、きれいに撮影されている写真のページです

一方で見栄えの悪い写真は、詳細まで確認しようとは思いませんよね。

たとえば以下のような写真が、販売サイトやアプリに向いている写真です。

どの写真も共通しているのは「明るくて作品が映える撮影をしていること」です。

販売サイトやアプリに載せる写真は、「つい販売ページへ詳細を確認したくなる写真」を目指して撮影しましょう。

3.レジンアクセサリーの人気ハンドメイド作家を参考にする

人気ハンドメイド作家は、レジンアクセサリーの売り方においてしっかり研究しています。

そのため人気ハンドメイド作家のやり方を参考にすれば、レジンアクセサリーがより売れやすくなるでしょう。

  • 写真の撮影方法
  • SNSの運用方法
  • 作品の販売方法
  • パーツの組み合わせ方や色使い

などを参考にするとよいでしょう。

とくにあなたが売りたい系統(草花系や海系など)の中で、人気のあるアクセサリー作家のやり方が参考になります。

ぜひ人気ハンドメイド作家のやり方を参考にして、より売れるレジンアクセサリー作りを目指してみてください。

注意

パーツの組み合わせ方など技術面を真似するのはOKですが、作品そのものを真似するのはNGです。パクリ作家として炎上するリスクや、トラブルに発展する可能性があるため注意してください。

4.レジンアクセサリーに関する資格を取得する

レジンアクセサリーにはさまざまな関連資格があります。いずれも民間資格ですが、講座でさまざまな技術や知識を身につけられるため、よりよい作品制作が可能になるでしょう。

レジンアクセサリーに関する資格一覧

  • LEDレジンアクセサリー認定講師資格
  • レジンクラフトデザイン認定講師資格
  • レジンフラワー認定講師資格
  • レジンアートデザイナー資格
  • UVデザイナー資格
  • レジンアクセサリー認定講師
  • レジンアクセサリー認定講師
  • レジンフラワーアクセサリークリエイター

資格保有者の作品は信頼できる印象があるため、購入の決め手になる可能性があります。

売れるレジンアクセサリーを作るならば、資格を取得して技術や知識を磨くのもひとつの手段として検討するとよいでしょう。

補足情報

資格は基本的に通信講座を受けることで取得できます。期間は1~4ヶ月程度で、料金は3~6万円が相場です。

5.作ったレジンアクセサリーの写真をSNSにアップすると売れる

売れ続ける作家になるには、作家自身のファンを獲得する必要があります。

売れる作品ならば販売サイトやアプリに載せるだけで、すぐに売れるかもしれません。しかし購入者は作品に惹かれているものの、作家自身には興味がありません。

作家に興味がない=似たようなデザインがあれば、ほかの人の作品でもいいということです。あなたの作品だから購入したいと思って買っているわけではありません。

そこで作家自身のファンを作り集客するツールとして重要視されているがSNSです。

SNSの運用が上手な作家はファンが多いため、似たようなデザインの作品が登場しても負けることはありません。

とくに参考になるのがcocotteさんというレジンアクセサリー作家です。

引用元:Instagram-@cocotte_co

cocotteさんは完成したレジンアクセサリーの写真を載せて、SNSを上手に集客ツールとして使用しています。

SNSをショップのように使用している作家もいますが、cocotteさんの場合は作業工程や撮影・梱包の様子なども載せています。

レジンアクセサリーだけを載せてギャラリー風にするのも悪くないです。しかしファンを増やすのならば、作品以外の部分も載せることをおすすめします。

レジンアクセサリーを売れるようにするならば、ぜひSNSへ積極的に作品の写真をアップしてください。

6.自分で作ったレジンアクセサリーを日々身につける

自分で作ったレジンアクセサリーを身につければ、

  • 作品の短所・長所
  • 改良するべき点

などがわかります。

またお客様がどんなときに身に着けたいか、どんな気持ちで使っているかなどが見えてくるため、作品に対する見え方も変わってきます。

見え方が変われば、より需要に合ったレジンアクセサリーが作れるようになるでしょう。

さらに「私にも作って欲しい」と友人や同僚から言われたり、口コミが広がって知り合いづてでの制作依頼やファン増加も期待できます。

自分で作ったレジンアクセサリーを日々身につけることは、作品制作への研究だけでなく宣伝にもなるのでおすすめです!

レジンアクセサリー販売の注意点!売れる作品さえ作ればいいは危険

売れる作品を作ればレジンアクセサリーで稼げます。しかし作品がよくてもそのほかの部分がマイナスとなって、販売が続けられなくなるケースもあります。

レジンアクセサリーを販売する際に注意するべき点は以下の通りです。

  • レジンアレルギーの対策をきちんと行う
  • キャラクターやブランドを連想するデザインにしない
  • 関係のないブランドやキャラクター名を使わない
  • 配送や梱包方法・配送までの期間も購入者に伝える

以下からレジンアクセサリー販売の注意点について解説します。

レジンアレルギーの対策をきちんと行う

レジンアレルギーが発症して、レジンの取り扱いができなくなった人気ハンドメイド作家は多数存在します。

作品制作を続けるならば、レジンアレルギーの対策は必須です。

誰でもできるレジンアレルギー対策

  • 換気をしっかり行う
  • 手袋を着用してレジンが付着しようにようする
  • マスクを着用する

硬化したレジンは触れても問題ありませんが、研磨する際に出る粉塵は危険です。そのため研磨作業をする際もマスクを着用しましょう。

作業が少ない場合でも、レジンを取り扱う際は必ずレジンアレルギー対策を行ってください。

キャラクターやブランドを連想するデザインにしない

売れるからとキャラクターやブランドを模造するのは、著作権違反などに該当する可能性があるためNGです。

とくに近年は『鬼滅の刃』をモチーフにした作品が大量に販売されています。『鬼滅の刃』自体は和柄を使っているため、柄が同じであること自体は問題ありません。

しかしカラーリングや柄のアレンジ、オリジナルの部分まで真似した作品は、さまざまな法律に接触する可能性があります。

他者のキャラクターやブランドを連想するデザインと自覚した時点でパクリ同然です。パクリはトラブルの原因になるため、行わないように注意してください。

関係のないブランドやキャラクター名を使わない

販売サイトやアプリへ出品する際に、観覧数が伸びるという理由で関係のないブランドやキャラクター名を使用する人がいます。

たとえばスイーツをモチーフにした作品のタイトルや説明欄に「Q-pot.風」「LADUREE好きな方」などと記載することです。

知的財産権や商標権の侵害になる可能性があるため、作品と関係のないブランドやキャラクター名は記載しないように注意してください。

配送や梱包方法・配送までの期間も購入者に伝える

レジンアレルギーを販売する際に、購入者への報連相(報告・連絡・相談)をサボると作家としての評価が下がります。

とくに配送に関する情報は購入者に必ず伝えるべきです。

  • 配送方法(配送会社や配送プランなど)
  • 梱包方法
  • 配送までの期間(納期)

なにも伝えずに配送したり、納期を延ばしたりするのはNGです。「聞いていた話と違う」「想定よりも遅かった」などトラブルやクレームに発展する可能性があります。

購入者が不安な気持ちにならないように、必ず報連相をしっかり行いましょう。

レジンアクセサリーが売れるおすすめ販売サイトやアプリ3つ

サイト・アプリ名 ブラウザ版 アプリ版 会員数 販売手数料 入金サイクル
1 メルカリ 2,000万以上
※アクティブユーザー
10% 申請後3営業日以内
2 minne(ミンネ) 800万以上
※DL数
10.56% 月末締め翌月末払い
※即日入金あり
3 Creema(クリーマ) 1,000万以上
※DL数
10% 申請後翌月末払い

いずれも会員数が多く、ブラウザ版とアプリ版の両方が利用できます。

それぞれの販売サイトについて、以下にまとめているのでぜひ参考にしてください。

メルカリ

ハンドメイド特化ではなくフリマアプリですが、アクティブユーザーが非常に多いのでおすすめです。

写真や作品のクオリティが多少低くても売れる可能性があるため、初心者でも気軽に販売できます。

入金サイクルが短く、すぐに報酬が手に入るのも嬉しいポイントです。

「メルカリ」の登録はこちら

minne(ミンネ)

ハンドメイド販売に特化したサイト・アプリです。会員数が多いため多くの人に見てもらいやすいです。

初心者の出品や子供向け作品が多いため、需要に合ったレジンアクセサリーならば早い段階で売れる可能性が期待できます。

なおFREENANCE(フリーナンス)と提携しているため。手数料+5%で即日入金にも対応しています。

「minne」の登録はこちら

Creema(クリーマ)

ハンドメイド販売に特化したサイト・アプリの中でも、minneと並んで名前が挙がるケースが多いです。

作品のクオリティは全体的に高く、中級~上級者に向いているサイトです。

そのためクオリティ次第で、価格設定を高めにしても購入してもらいやすい傾向があります。

「Creema」の登録はこちら

まとめ:売れるレジンアクセサリーを作れば儲かる!

  • 売れる条件は「ダサくない」「高級感がある」「おしゃれ」
  • トレンドを常にリサーチして需要を把握する
  • きれいな写真撮影を心がけて作品の魅力を引き出す

レジンアクセサリーは副資材との組み合わせ次第で一気にダサくなります。自分で欲しいと思えないようなダサいレジンアクセサリーは売れません。

売れるようになるには、トレンドをしっかり把握して、おしゃれな作品を目指しましょう。

とくに同じジャンルで活動する人気ハンドメイド作家の販売方法や、写真の撮影方法はとても参考になります。

ぜひ知識と技術を身につけて、今よりもたくさんのレジンアクセサリーを売って稼げるようになりましょう!

まずは売れるテクニックを参考にして、紹介したおすすめサイト・アプリでの販売から始めてみてください。