稼げる分散投資のやり方4個【初心者も副業で可能】危険性や意味ない分散方法も解説

投資・貯蓄
分散投資

”分散投資は初心者向け”とよく言われるのは、プロの力を借りて運用できるからです!

  • 「どんな風に分散させるの?」
  • 「プロに任せるならほったらかしでもいい?」
  • 「リスクなく稼げる投資ならやってみたいなぁ」

この記事を読むと、分散投資の稼ぎ方や、初心者がはじめるために必要なことなどの疑問を解決できます。

はるか
はるか
実際に分散投資をはじめて、1年間に10万円ほど稼いでいる人はたくさんいるよ♪

記事の後半では、分散投資ができるおすすめサービス3つについて記載しているので、ぜひ最後まで目を通してください。

分散投資のやり方4つ【未経験・初心者でも儲かる方法】

やり方 特徴や内容
1 資産を分散させる
  • 株式や債権、金、REIT、不動産、FXなど資産を分散させる
  • リスクやリターンの異なる複数の資産へ投資する
  • 特定の資産の価値が下落しても大きな損失を抑えられる
2 銘柄を分散させる
  • 株式投資などにおいて複数銘柄に投資する
  • 投資先は業界・業種など関連性の薄い企業であるほどリスクを抑えられる
  • ある企業の株式が下落した場合でも、ほかの企業の株式でカバーできる
3 地域(通貨)を分散させる
  • 日本だけでなく外国の株や債券、不動産などに投資する
  • リスクとリターンの異なる地域に分散して投資する
  • ある国の情勢が悪くなり資産が下がった場合のリスクを下げられる
4 時間(時期)を分散させる
  • 同じ資産・銘柄でも、何度かに分けて取引する
  • 値動きのある投資でベストのタイミングを見つけることは困難
  • 継続して投資することで長期的に見て安定した利益が得られる(つみたて投資など)

複数の銘柄がひとつの商品となっている「投資信託」は、銘柄や地域を分散させられる手っ取り早い分散投資です。

投資信託であれば、専門家が銘柄や地域を選んで分析しながら銘柄の入れ替えもしてくれます。初心者にとって、いくつかの資産を分析しながら選択するのは大変な作業です。分散投資を考えている初心者は、投資信託の購入がおすすめです。

はるか
はるか
投資信託には、資産、銘柄、地域、時間の分散ができる商品がたくさん用意されているよ

分散投資は初心者でも副業でも稼げる?損する可能性は?【体験談を紹介】

分散投資は初心者・副業でも稼げます。そもそも分散投資はリスクを下げる投資法であり初心者でも始めやすいためです。

投資信託であれば月100円からでも始められるので初めての投資におすすめです。

しかし損する可能性はあります。投資とはリスクと引き換えにお金を稼ぐ方法です。リスクをゼロにすることはできません。

それでも分散投資をして稼いでいる人はたくさんいます。

特に時間分散をする場合は、一時マイナスになったとしても焦って売らないことも大切です。

売ってしまったらそこで損失が確定してしまいますが、保有し続ければ上がる可能性があるためです。上がる銘柄であればそういう時こそ、少額でより多く投資ができると考えコツコツ買い増しましょう。

分散投資のポートフォリオ(投資先の組み合わせ)で初心者におすすめの割合は?【事例も紹介】

分散投資 ポートフォリオ

分散投資をするとき、金融商品の組み合わせを考えることを「ポートフォリオを組む」といいます。

ポートフォリオを組むときに大切なのは自分がどれくらいリスクを取れるか?を考えることです。

リスクとリターンは比例する傾向にあるので、はじめに方針を決めておきましょう。

方針の例

  • リスクはある程度取れるので高いリターンを得たい
  • リスクもリターンもバランス良く投資したい
  • リスクはあまり取れないので堅実に少しずつ増やしたい

方針によってリスクやリターンの異なる複数の資産をどのように組み合わせれば良いかが見えてきます。

初心者におすすめのポートフォリオの割合

  • 国内株式25%
  • 国内債権25%
  • 海外株式25%
  • 海外債権25%

上記は分散投資のポートフォリオで基礎となる割合です。

一般的に株式が下がると債権は上がり、株式が上がると債権は下がります。

それぞれの特徴は以下で確認してください。

株式の特徴
  • 企業の業績により価格が上下する
  • 購入価格と販売価格の差額で稼ぐ
  • 業績により大きく稼げる
  • ハイリスク・ハイリターン
債権の特徴
  • 満期まで一定の利息が支払われる
  • 購入価格は満期時に返金される
  • 業績に関係なく安定的に稼げる
  • ローリスク・ローリターン

リスクを最小限で投資したい人は債権の割合を増やし、リスクは高くなってもリターンを増やしたい人は株式の割合を増やすのが基本的な考え方です。

ネット証券では自分のポートフォリオを確認できるサービスが提供されています。分散投資がうまくできているのか、運用バランスは問題ないかなど確認しながら管理していくといいでしょう。

はるか
はるか
よりリスクを抑えたい場合は「有事の金」と呼ばれる金もおすすめだよ!

分散投資はやり方を間違えると意味ない!長期も危険【初心者は要チェック】

分散投資のやり方を間違えてしまうと、資産を育てるどころか手数料をムダに取られて損をしてしまいます。

分散投資の間違ったやり方

  • 短期で大きなリターンを得ようとする
  • 手数料を考慮していない
  • 分散したつもりで実は分散になっていない

分散投資は長期間をかけて安定的に稼ぐための投資法です。利益が急増することは少なく、そこで得た少しの利益をさらに投資に回すことで得られる「複利の効果」で長期的に大きなリターンを得られます。

そのため今すぐにお小遣いを稼いで使いたい!という人には向いていません。

また先述の通り少ない利益を大事に育てる投資法のため、コストを抑える必要があります。

特に投資信託では「信託報酬」という手数料が発生します。商品によって金額は異なりますが低いものが良いでしょう。

そして分散投資はただ色々な資産・銘柄に投資すれば良いというものではありません。

たくさんの銘柄に投資して手数料を払うばかりで分散の効果が出ていない、というような事態になるのは避けましょう。

はるか
はるか
一方が下がればもう一方が上がるような配分になっているか確認しよう!

分散投資の基本である長期投資も場合によっては危険です。

長期的な目線が大切な分散投資ですが盲目的に持ち続ければ良いというものではないからです。

ポートフォリオの割合を定期的に調整したり、自分の状況の変化に合わせて運用方針を見直したりする必要があります。

これを怠ると想定以上のリスクをとっていたり、お金が必要な時に損失が大きく簡単には引き出せない状況を招きかねません。

分散投資ができるおすすめサービス3つ【初心者はまずここで口座開設】

サイト名 おすすめ度 特徴

SBI証券

★★★★★
  • 投資信託、外国株、債券の取扱数業界トップ
  • 投資信託2,600以上
  • 海外株式は9カ国以上
  • 手数料が安い
  • 業界大手で信頼できる
  • Tポイントがもらえる
楽天証券 ★★★★☆
  • 商品数が豊富
  • 投資信託2,500以上
  • 米国株と中国株で6,300銘柄以上
  • 手数料が業界最低水準
  • 使いやすいアプリやツール
  • 楽天ポイントで投資可能
マネックス証券 ★★★★☆
  • 外国株の取扱数が多い
  • 米国株と中国株で8,000銘柄以上の取り扱い
  • 投資信託1,300以上
  • 100円の少額からはじめられる
  • ロボットが勝手に運用してくれるサービスがある

分散投資で稼ぐためには、希望する投資に対応した銀行や証券会社で口座を開設しましょう。

上記の証券会社は手続きがすべてネットで完結する、ネット証券会社です。手数料が安くスマホで操作できるので、初心者にオススメ

証券や先物取引を扱う日本の企業は、230社を超えています。そのなかでも分散投資しやすいよう多くの商品を取り扱っている3社を選びました。

口座開設は無料でカンタンにできますよ。

まとめ:分散投資は初心者におすすめ!【リスクを抑えて安定的に稼げる】

  • 分散投資は初めての投資におすすめ
  • 低リスクではじめやすい
  • 盲目的な「分散・長期」投資に注意
はるか
はるか
まずはこの記事で紹介した『分散投資ができるおすすめサービス3つ』を参考に、口座開設をしよう。

ぜひ低リスクな分散投資をはじめて、のんびり資産を育てていきましょう。

はるかちゃんがLINEで登場
女性副業ナビとは